トップページ > 中西研二ワークショップ > ワンネスディクシャ > 人間関係を整えるセミナー

人生の基本となっている親子関係をみつめる
人間関係を整えるセミナー

人生において最も大切な「人間関係」にフォーカスした、まったく新しいセミナー!

中西研二が行う新しいテーマのセミナーです。
バガヴァンの教えの中でも一番大切なのは『両親との関係』と言われています。

人生にとって一番大切な人間関係をテーマに、4回シリーズで行うワークショップです。

 

4回シリーズ、または集中コースが受講可能です

●人間関係を整えるセミナー<全4回シリーズ>

セミナー内容

人生の基本となっている親子関係をみつめることが、マインドからの解放につながり、最後には神へとつながっていくことを目的にした中西研二オリジナルのセミナーです。

※セミナー1〜4はどこから受講してもOKですが、セミナー3および4は、セミナー1と2を受講してからが望ましいです。

 

●人間関係を整えるセミナー集中コース(2泊3日)

セミナー内容

人間関係を整えるセミナーすべての内容を2泊3日の中で行います。泊まりがけではワークにより集中して行うことができるので、初めての方も2度目以上の方もより深い体験ができること間違いなし!

そして中西研二オリジナルの「生まれ変わりのワーク」も行います。

中西研二からワンネスディクシャギヴァーの認定を受けたい方はこのセミナーが現在唯一のセミナーになります。

※集中コースは、セミナー1〜4の受講にかかわらず参加可能です

 

セミナー風景

 

人間関係

◆参加資格

15歳以上の会員
※集中コースでワンネスディクシャギヴァーを希望する場合の参加資格は21歳以上です
※身障者の方や疾患のある方はご相談ください。

◆時間

セミナー1〜4: 10:00〜17:00(昼食時間含む)
集中コース(2泊3日): 初日13:30集合、14:00開始〜最終日15:00終了
※時間は変更になる場合がありますので、各主催者にお問い合わせ下さい

◆参加費

セミナー1〜4: 会員 各10,000円
集中コース: お問い合わせ下さい

◆注意事項

すべてのセミナーにワンネスディクシャが含まれています。
セミナーの前後は、肉、赤身の魚、酒、タバコ は控えた方が望ましいです。
セミナーの途中参加、退出はできません。

◆開催日程

開催日程はこちらでご確認下さい

 

 

『人間関係を整えるセミナー』体験談

自分の涙が全人類の涙のような気がして…

岩手県 N.K.さん

ワークでは、ケビンの誘導と音楽で自分と母親とのできごとを追体験して、感情が吹き出してきました。その中で、悲しかったこと、辛かったこと、悔しかったことなど次々と追体験するうちに、会場みんなの感情が伝わってきたように感じて、さらに涙が止まりませんでした。涙を流しているその裏では、これが全人類の感情なのかと漠然と感じて、自分の流している涙で会場みんなの感情が洗い流されているような不思議な感覚を味わいました。

セミナー終了後はすごく晴れやかな気分で、もうすぐ1週間が過ぎようとしている今日もほんわかとした不思議な気分です。自分の周りはなにも変わっていないけれど、すこし楽になったような気がしています。

 

はっきりとディヴァインの存在を感じる

岩手県 K.S.さん

今までセミナーを受けてきましたが、これといった変化や体験がありませんでした。でも、今回のセミナー(母親との関係)では、初めて吐き出すことが出来ました。無理に出そうとしなくても、自然に出てくる感じでした。そして、「出したら入ってきた」とでも言えばいいでしょうか…セミナーの次の朝、はっきりとディバインの存在を感じることができたのです。

それ以降、いつも守られてる感じがします。これはセミナーで映画を観たから、すごく分かりやすく腹に落ちた気がします。他にも、必要な情報が必要な時に入ってきたりすると、いつも「ありがとう」「うれしい」といった感謝の気持ちで満たされています。

 

ケビンの誘導で母と自分を抱きしめました

愛知県 H.N.さん

母親との関係を見ていくと、小さい時のいろいろな感情が出てきました。小さいころいつもお腹の調子が悪く、その不快感がやってきて、しばらくすると治まりました。次に、母が生まれたばかりの弟を抱っこしているのを見て、とても寂しい思いをしている自分がいました。ケビンの誘導で、自分を抱きしめ、母を抱きしめると、何度も何度も母が思い浮かびました。目隠しをはずし、近くにいた主人とハグすると、母への感謝でいっぱいになりました。

短時間でこんな素敵な体験をさせていただき、本当にありがとうございました。

 

 

中西研二による「人間関係を整えるセミナー」のスケジュールはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ