トップページ > 中西研二ワークショップ > ワンネスディクシャ > ワンネスディクシャギヴァー養成セミナー体験談

ワンネスディクシャギヴァー養成セミナー体験談

心の奥に押しやっていた悲しみを見つめ、光の子として生まれ変わった喜び新着

2010年1月9日〜11日 ディクシャギヴァー養成集中コース受講
S.Rさん(女性)

素晴らしいセミナーをありがとうございました!

結婚して田舎に引っ越して半年がたち、まだ生活の変化によるストレスがあると感じていたのですが、どうもそれだけじゃなかったようです。このセミナーでそのことがよくわかりました。私は20年も前に亡くなった母のことで、まだ自分の中に大きな悲しみを抱えていたようです。10年ほど前に、母への感情は一度解放し、もうすっかり大丈夫と思っていたのですが、今度は自分が家庭を持つという変化の中で、奥の方に押しやっていた大きなものを見ることになりました。

母を亡くした時の感情はもちろんですが、その後の父の再婚による親戚関係のゴタゴタや、見たくないものを見てしまった辛さ、そういったことから、家庭を作っていくということが、怖くてしかたなかったようです。自分の感情と向き合えなくて、頑張る方向を間違って、疲れていました。それがよくわかり、あのままだったらムダな努力をして空回りし続けたのではないかと思います。光の子として生まれ変わった時は、本当に軽やかで、生まれて来てよかった、という気持ちが沸き上がりました。そして私は楽しく歌を歌っていました。他にも大きな気づきがたくさんあった3日間、本当に素晴らしいエネルギーに満たされました。

ケビンとスタッフの皆さんの温かさに触れて、たくさんの喜びを頂きました!ありがとうございます!

「生まれてきてくれてありがとう!」をみんなに伝えたい新着

2010年1月9日〜11日 ディクシャギヴァー養成集中コース受講
S.Tさん(男性)

1月9日から11日まで、那須のオオシマフォーラムで行われた、ケビンの集中セミナーに参加させていただきました。過去の集中セミナーでは、何となく自分なりのテーマ(母親との関係とか)がありましたが、今回は漠然としていました。しかし、2日目の夜の映画の後のケビンのコメントに、自分の“フタ”が開いてしまいました。「生きててよかった、生まれてきてよかったって、思うんですよね…」この言葉を聞いたとたん、涙が止まらなくなってしまいました。そして、アンマとバガヴァンの写真に、「私は生まれてきてよかったの?どうぞ教えてください!」とお願いし、最終日の生まれ変わりのワークに、私はその答えを期待しました。

最終日、多くの人が感動に包まれてハグし合う中、私はただ呆然としていました。「答えがない!」というのが私に与えられた答えでした。ディクシャギヴァーになった私は、家路について4人の子どもにディクシャしました。仮に今の自分が「生まれてきてよかった」と心から言えないにしても、愛する子どもたちが自分の存在を認めてくれていました。これからも、ヒーリングをさせていただき、セミナーに参加して「生まれてきてくれてありがとう!」ってみんなに言いたい、と改めて思いました。いつも自分を大きく受け止めてくださるケビン、本当にありがとう。今回のセミナーでも素晴らしい気づきをいただきました。そして、スタッフの皆さん、一緒に参加してくださった素晴らしい仲間に心から感謝します。生まれてきてくれてありがとう!私も生まれてきてよかったみたいです。感謝!

「このままでは生きてちゃいけない。自分を消してしまいたい」
私に大事なことを教えてくれた大切な娘

2009年11月21日(土)〜23日(月)新・ワンネスディクシャセミナー集中コース(長崎)受講
匿名希望さん

私には素敵なインディゴの娘がいます。繊細な心の持ち主で、1年前くらいから学校へ行かなくなりました。起きている時間のほとんどは家にこもって大好きなゲームをする毎日でした。でも好きなことがあるのはいい事だと思い、なるべく無理強いはせず、心の中では娘の幸せを念じていました。

その娘の生活が秋になってから昼と夜が逆転し、人の話にもまったく耳を貸さず、食事もあまり摂らずだんだんやせていく姿に、どうしてあげたら良いのか分からず、とても苦しんでいました。そんなときに集中セミナーに参加しました。そしてすべてをプレゼンスに委ね、感情を解放しました。苦しみのどん底にいた私は、プレゼンスに喧嘩も売りました。今回ほど必死になってプレゼンスと関わったのは初めてでした。

ところがセミナーから帰宅すると、なんと娘がすっかり変わっていました。あまり会話がなかったのに、留守中の様子を報告してくれ、ゲームの時間も減り昼夜逆転もなく、食事もちゃんと摂るようになっていたのです。訳を聞くと、「これまで親に迷惑をかけてきて、このままで生きていちゃいけないから、母が帰ってくる前に自分を消そうと思っていた。でも突然私は私のままでいいんだ、そのまんまでOKなんだと思えるようになったからやめたの」と言うのです。とても驚きましたが、娘が生きていてくれて本当にうれしく、私も苦しかったけど、娘はもっと苦しんでいたことを知りました。

こんな信じられないような大変化を起こすことのできる集中セミナーのすごさや、ケビンの存在には感謝しかありません。苦しみのきっかけを作ってくれて、私に大事なことを教えてくれた大切な娘、共に歩んでくれているプレゼンス、本当にありがとう。外側ではなく自分の内側を見つめ、そのすべてを受け入れたとき、苦しみは消え素晴らしい変化がおきるのですね。集中セミナー参加は4回目ですが、こんな貴重な体験ができて心から幸せに思います。ケビン他、セミナー会場でお世話になった皆さま、本当にありがとうございました。

亡くなった父との関係が解消され、母の肺がんも…

2009年1月10日〜12日 新・ワンネスディクシャセミナー集中コース受講
大阪市 TKさん(男性)

1月の富士で行われた集中セミナーに参加しました。しばらく感情の解放が続いたあと、今はとにかく体が軽く心が静かです。今回は昨年突然亡くなった父との人間関係をふり返った3日間でした。気持ちの整理がつかないまま、平気なようでストレスを抱えている自分がいました。イライラするし、すべての人間がうっとうしくて、消えてしまえばなどと思っていました。

3日間の生まれ変わりのワークでは、光の天使にかこまれ見守られている自分が、父を傷つけ続けてきたことが思い出され、愛されている喜びと父にひどいことをした罪悪感とが混ざって、わけが分からなくなりました。しばらく呆然として動けずにいたら、たくさんの人が側に来て、「大丈夫だよ」と優しく声をかけてくれ号泣しました。その瞬間何かが抜けて楽になりました。

セミナーを受けて楽になり、良かったと思いながら軽やかに家に帰ると、母も同じく楽になったと言うではありませんか。母は肺がんが進行して、春を越せるか越せないかと医師から言われていたのですが、その後検査をしたところ腫瘍マーカーが正常値になっていました。つくづくすべての原因は自分の内にあるんだなぁと実感しました。

ケビンのセミナーはすごい!

平成20年2月9日〜11日 新・ワンネスディクシャセミナー集中コース受講
石川県 H.Hさん(女性)

2月9日〜11日の集中セミナーに参加し、これまでの自分じゃないように深く内側を見つめる事が出来ました。人間関係しかしていないこの人生!をいかに楽しく生きたら良いのか?を改めて教えて頂いたように思います。今までの不安・心配・恐怖を静かに深く見つめ、吐き出すワークの爽快感。私は今まで13年間もケビンのそばに居させて頂きながら、人生の目的の本当の意味を知らなかったようです。

「人生を幸せに生きる4つのヒント」ではケビンの4つの言葉の意味を深く改ためて心に刻みました。私は今まで「すみません」という言葉を安易に使っていました。ありがとう!とゴメンナサイを一緒にしたような便利な言葉だと思い使ってしまっていました。心がこもっていませんでした。感謝にはまず!ゴメンナサイがあると言う事をいろんなたとえから教えて頂きました。

一番安心したのはケビンから「人間はみんなエゴの塊で、ゴミタメだから!」という言葉です。自分を飾る事無く生き、自分以外の人・物を認めて受け入れて生きていくヒントをもらいました。

「蘇生・そして再誕」では私には無い!と思っていたバーストラウマも癒されて、亡くなった両親に心から感謝出来ました。セミナーの後の参加者の顔はどなたも光輝き、「光の子」となりました。言葉では言い尽くせないパワーアップしたケビンのセミナーをたくさんの人が受けたら、きっと!幸せに満ちる世界になると思います。ケビンのセミナーはすごい!

内側から感謝があふれたした

平成20年2月1日 新・ワンネスディクシャセミナー1受講
石川県 A.Hさん(女性)

今回のセミナーは「人生を幸せに生きる4つのヒント」というものでしたが、内側の浄化をする為のセミナーのように思いました。

毎日、ゆとりが無く時間に追われているように感じていましたが、それは、自分がそんな時間を作り出していたと思え、また、立ち止って周りをゆっくり見回す作業もせずにいた私に「この世界は素晴らしいよ!味わってごらん!」と教えてくれたセミナーでした。

親子関係にいたっては、内側からあふれだした感謝が、私の感情を爆発させたようでした。
以下は、この時期積もる白い綿のような雪が美しい!と立ち止まったり、二人の子供たちの話をじっくり聞いたりと、心のゆとりの中で生活させて頂いています。

感謝・感謝の毎日です。

障害がある母に対して感謝の気持ちで涙が止まらず…

神奈川県 M.Hさん

新・ワンネスディクシャセミナーを受けて、一番感動したのは自分の心の変化でした。

私は小さいころから障害がある母に対して受け入れられない感情があったのですが、それが感謝に変わりました。母とは普通に会話ができないため、一度も心を通わせたことがないと思い込んでいたのですが、セミナーを受けて母の私に対する思いがハートの中に溢れてきて、涙が止まらなくなりました。

ディクシャ中にたくさん泣いた後は、感動と感謝で心がぽかぽかして生きている喜びに、今度は笑いが止まらなくなりました。そしてその夜、気がつかないでいたけれど、ある人のことが本当は嫌いだったことなどが感じられて、泣きました。いつもならそういう自分を責めてしまい、落ち込むところが「こんな自分でいいんだ」と丸ごと受け入れることができました。

新しくなったセミナーの凄さにびっくりです。やっぱり受けて良かったと思いました。さすがケビン!ありがとう!!

心の内側から出てくる理由のない喜びを感じています

2007年9月9日 中国常熟市 ワンネスディクシャセミナー受講
Oさん

先週ケビンのセミナーに2日間参加しただけなのに、家に帰ってから、心の内側から出てくる理由のない喜びを感じています。たったの2日間だけなのに、私の人生はこれまでとは大きく異なり、小さいころの気持ちを再び取り戻したかのようで、愉快で楽しく、楽観的で明るく、生活に対する感動に満ちています。以前のように、孤独を感じたり寂しく感じたり、母親の愛がないと感じることはなくなりました。

日曜日に母が外国から電話をしてきたときに、その日のセミナーで感じたことを伝えました。本当は母が遠く離れてからずっとつらかったこと、同じ年代の子供たちはみんなお母さんが近くにいて、楽しくないときにはお母さんの胸の中で甘えたり、悩み事を話したり、病気の時にやさしく面倒を見てくれたりしているし、夜は食事が終わったらお母さんと手を繋いで散歩をすることもできるし、だから私はずっと羨ましいと思っていたこと、母が早くお金を稼いで戻ってきてほしい、そしたら毎日一緒にいられてもう寂しく感じることもなくなるのに、とずっと思ってたこと、そして、セミナーに参加してからは悲しい気持ちはなくなったこと。

そして、ケビン先生が教えてくれたことを伝えました。実は誰にでも必ず前世があって、でも生まれてから数年ですべてを忘れてしまうこと。この人生は自分で選んだのだけど、今は忘れてしまっているということ。人生の中で起こる喜びや悲しみ、出会いや別れは、すべてが自分で体験すると決めて来たこと。みんなの内側にある魂はすべて神聖で偉大であること。私たちは人生で起こるすべての事を受けとめ、しっかりと体験し、学習し、そして成長していくこと…。

母は私の話を聞いてとても感動して、「そうだね!私もきっと前世で神様とこの選択をしたから、こんなに遠くまでやってきて仕事をしているのね。もしそうだったら、悲しんだり怨みに思ったりする必要もないんだね。」と言いました。

電話を切った後、私は心の中に悲しみがないばかりか、かえって心地よく感じられました。私と母とは遠く離れたところに住んでいるけど、でもこの瞬間、2人の心は完全に繋がっていると感じられました。

月曜日の朝、目覚まし時計の音で目を覚ましました。「ああ、また出勤しなきゃ!」とは思ったけれど、以前のように嫌な気持ちはなく、心の中はかえってとても穏やかで、会社の嫌いな先輩に対するわだかまりもすっかり消えていました。

自転車を推して家を出て太陽を見上げたとき、「また素敵な一日が始まった!」と心から笑うことができました。そして喜びに溢れて出勤しました。

私ってこんなに幸せだったんですね!

▲このページの先頭へ

家族全体が楽しい気持ちでいっぱいです

2007年9月9日 中国常熟市 ワンネスディクシャセミナー受講
Aさん

ケビンに再会することができて、本当にハッピーでした。今年の2月に初めてケビンのセミナーに参加したのですが、問診表に記入したとき、ひょっとして私が一番多くの問題を抱えているのではないか?と思うくらい、たくさんの問題を書きました。仕事と生活のプレッシャー、不眠、人間関係など、山のような問題を抱えていました。でも、ケビンのヒーリングを受けた後に、私は大きく変わりました。今回再び問診表に記入したとき、私に自分にどんな問題があるのか思いつきませんでした。心は感激でいっぱいです!心の中にはパワーがあり、しっかりとして安心感があり、睡眠の質もとてもよいです。だって、眠れない理由なんてありませんから!

家族も9月のセミナーを経て大きく変わりました。主人の気持ちも明るくなり、背中の痛みもかなり治まりました。息子の成績も上がり、家族全体が楽しい気持ちでいっぱいです。
感謝します!

▲このページの先頭へ

心も体も軽くなった気がします

2007年9月9日 中国常熟市 ワンネスディクシャセミナー受講
N.Fさん(女性)

常熟での2日間のセミナーに参加させていただきました!
合宿スタイルなので集中もできたし、またステキな人たち に囲まれて、2日間を楽しく過ごすことができました。

今回、日本から来られたインストラクターの方々ともお話することが できたのですが、皆さんが心の底から明るくて、話をするだけで癒されて、とてもハッピーな気持ちになりました。感動ですー!ありがとうございました!

ケビンさんのセミナーでは、自分でもこんな気持ちになれるんだな〜とビックリすることがいっぱい。
お話を聴いているうちに、心のなかで希望が溢れてワクワクしてくる。そんな幸せな2日間でした。

セミナーから1週間が経ちましたが、心も体も軽くなった気がします。
まず、同僚に対して「おはよう」とか「ありがとう」明るく自然に言えるようになりました。
また、失敗してもクヨクヨしなくなりました。人からの評価もそんなに気にならなくなりました。

体も元気になったようで、普段よりも重いダンベルが持ち上がるようになりました。
心が体に与える影響は大きいんだな、と実感しています。これからもどんどん心を軽くしていきたいです!

すべての人に感謝です!

▲このページの先頭へ

ワンネスを感じました

2007年9月9日 中国常熟市 ワンネスディクシャセミナー受講
Mさん

中西さんの上海セミナー第2回目。
今回は、上海のインストラクターさんをはじめ、中国人スタッフのスムーズな行動とはからいで、とてもすばらしい空気が感じられました。
何かを求めて参加してきた人たちが安心して気持ちよく参加できることが第一。自分自身がその場の主人公になれたようなセミナーでした。
スタッフのみなさま、ありがとうございます。

今回は、中西さんのヒーリングには参加できませんでしたが、上海でのモクシャに非常に感謝です。セミナーに参加する前は体に重みやだるさを感じていましたが、モクシャの後は体が軽くなった気がしました。
魂が成仏されたのかなと、心から合掌しました。

その後のワンネスディクシャでは、終わった後、なんだか気持ちの良い朝の目覚めのような気分。
日中インストラクターさん総勢のパワーが一つになったようなエネルギー。 そんなワンネスを会場で感じられたのでした。

わたしにとってワンネスディクシャは必要で不可欠なもの。これからもいろんな気づきを感じていきたいです。

▲このページの先頭へ

感情を直視する事ができるようになりました

2007年9月9日 中国常熟市 ワンネスディクシャセミナー受講
Tさん

中西さん
再度中国へきてくださりありがとうございます。
このセミナーを通して自分のなかのどろどろな感情を直視する事ができるようになりました。
また、スピリット時代に今生というシナリオを選んできたにもかかわらず肉体の器にがんじがらめになっていたことにも気がつきました。
インナーの問題は山積みですがこの先起こる事に対して楽しむ事に致します。

この先、私はいろいろなところへ行くようですが、そしてそのどこかでケビンさんに再会するようですが、もっと軽やかに肉体の学びを楽しむ私との再会を楽しみにしていてくださいね!

この素晴らしい気付きの機会を下さり心より感謝致します。ケビンさん本当にありがとう。
そして天界からのサポートと私の中の偉大なスピリットである私に心より感謝です。

▲このページの先頭へ

これからの日々が本当に楽しみになってきました

2007年9月9日 中国常熟市 ワンネスディクシャセミナー受講
Aさん

ケビンさんにお会いするのは初めてだったので、何日も前から本当に楽しみでした。
今回は上海、常熟での全てのセミナーに参加しました。
初日、上海でのお話はワンネスディクシャ初心者の私にとってそうだったのか!と気づかされる内容でしっかりと腑に落ちるものでした。
特に、人は変えられない、自分も変えられない、という言葉に全身を揺さぶられました。
でも、あるがままを受け入れて愛するということはわかったけれどすごく難しく感じられました。

ヒーリングでは、自分の思いのたけをぶつけよう!と意気込んで臨んだのにケビンさんに一言、「大丈夫」と言ってもらって力が抜けて思わず涙してしまいました。
自分は全然大丈夫だと思っていたので、自分や相手のインナーチャイルドや前世に問題があるのかと半ば期待していたのにそういうことには触れられず、本当に思いがけない言葉でした。
このまま愛し続ければいいのだと、すごく勇気が出ました。
お腹の赤ちゃんにも直接語りかけて頂いて、お腹から熱くなってぼーっとしている間に夢のように終わってしまいました。

常熟での2日間も濃くて夢の中にいるようでした。
ケビンさんと日本からたくさん参加くださったインストラクターの方々のパワーに包まれていました。
今まで感じたことのなかった一体感を心から体験できた気がします。
自分の問題に深くとらわれ過ぎていたのだと気づきました。

本当に心が開放されるにはもっと内面と対峙する必要があるのだと思い実は少し焦ったりしましたが、インストラクターさんのお話を聞いて時間がかかるものなんだとわかりました。
また、初日に感じた、自分には難しいと思ったこともワンネスディクシャを受けることでみんなが助けてくれているというのも何となく実感できて本当に心がほどけていくようでした。
母子ともに皆さんにパワーを分けていただいて、これからの日々が本当に楽しみになってきました。
元気に出産を終えたら必ずご報告します!本当にありがとうございました。

▲このページの先頭へ

「えぇ〜どうなってるの?この涙…」

2007年9月9日 中国常熟市 ワンネスディクシャセミナー受講
M.Tさん

「えぇ〜どうなってるの?この涙・・」私の体験は、今まで一度も経験したことがない、自分の意志とは全く反して、勝手にわきおこってきた涙のことです。

声も出してしまい、すすりあげて泣く。嬉しくて泣いているのか、悲しくて泣いているのか、、。悲しいという気持ちは、なかったのですが、それさえわからないまま本当に涙だけが止まらず、あまりの激しさに咳き込んでしまったほどでした。

この日は、9月12日、上海の友人宅でのワンネスディクシャ会に参加したときでした。9月7日に上海で行われた中西さんのワンネスディクシャセミナー、その後の常熟に移動されての合宿に私は残念ながら、これらには都合により参加させていただくことができなかったのですが、合宿にも参加され、戻ってこられた方々の貴重な体験をぜひぜひお聞きしたいと思い合宿後3日目という9月12日の上海でのいつものワンネスディクシャ会に参加させていただいたのでした。

合宿に参加され戻ってこられた方々のみなぎるパワーが、合宿に参加させていただいたような状態に自分を導いて下さったのでしょうか?「とても激しく泣いている人がいるなぁ〜、と思ったけれど、○○ちゃん(私のこと)だとは、思わなかった〜」と言われたのも事実です。 それほどの初めての体験だったのです。

▲このページの先頭へ

今の自分の道しるべになるともいえる言葉

2007年9月9日 中国常熟市 ワンネスディクシャセミナー受講
O.Mさん(女性)

前回の上海でのセミナーに引き続き、今回も3日間、参加させていただきました。
今回、セミナー以外でも、気づきとなる場面やお話が多かったです。
たくさんあった気づきの中で、1つだけ、いちばん印象に残ったことを書かせてください。

ペンのお話だったのですが、「金と銀は、陰陽、太陽と月のような関係。
銀が金に引き寄せられ、2つが合わさったとき、人々を癒す力を発揮する。」というお話が、とても印象的でした。
詳しくは書きませんが、偶然、今の自分の道しるべになるともいえる言葉でした。
道に迷ったとき、信じる力を失いかけたとき、思い出してみたいと思います。

中西さん、皆さま、 私達や、中国の皆さんのために、日本からわざわざ来てくださいまして、ありがとうございました。

▲このページの先頭へ

どの様な変化が現れるか、楽しみでワクワクしています

2007年9月9日 中国常熟市 ワンネスディクシャセミナー受講
T.Kさん(女性)

ケビン様
「来上海、謝謝」で始まりました、上海での講演、有難う御座いました。

日本から多数の方が参加してくださいましたが、上海の皆さんも心躍らせて、お待ち申し上げておりました。

千種えるちゃんや小川ちこちゃんからは、折に触れお話は伺っていましたが、ケビンのヒーリングを受けたのは初めて、楽しみにしていました。

ヒーリングを受け、帰宅しましたが深い眠気に襲われ、二日ほど寝込みました。

不快感はないのですが、頭も身体も眠りから覚めない状態・・・
でも、なにか、変化がおきている様な感覚が続いています。
どの様な変化が現れるか、楽しみでワクワクしています。

上海での、いつもの「ワンネスディクシャ会」は昨日、多くの方が参加して開かれワンネスディクシャのあと、皆さんと楽しくシェアーができ、そして和気あいあいの内に、お別れしました・・・

また上海へいらしてください、お待ちしています・・・・・

▲このページの先頭へ

中国でもワンネスの輪(和)が広がっていく予感にワクワクです

2007年9月9日 中国常熟市 ワンネスディクシャセミナー受講
小川ちこさん

今回中西さんのお話の中で特に心に残ったことは、「ワクワクすることだけやればいい」「相手のそのままを受け入れてあげること」・・でした。

けっして相手を変えようとしないで、相手のそのままを受け入れること、、一見やさしそうで実はと〜ても難しい〜。 これをいつもさりげなくやっている中西さんの前にいると、どんな人たちも中西さんの一言二言のシンプルな言葉だけで、ハートが開いて泣いてしまう人が続出でした。

わたしも集中セミナーが進むうちに、この「自分がそっくり受け入れられている・・このままでいいだ・・」という嬉しさと安心感がだんだんと深い喜びに変わるのをはっきりと感じました。
実は今わたしの中で、一番受け入れがたいのは思春期真っ最中の次男。頭で受け入れたつもりで、でも心では受け入れてない状態の日々〜。

でもセミナー中にどんな自分もそのまま受け入れてもらっている喜びが少しずつ増していったとき、自然に次男の今の状態も受け入れられる自分になっていき、セミナー中に次男に「いつもアレコレうるさく言ってごめんね、あなたのことそのまま大好き〜愛してるよ〜」って素直に心で伝えられました。

驚いたことに帰宅後すぐに、次男と何気ない会話していたとき、なんと次男が照れくさそうに「お母さんにはいつも感謝してる・・」ってボソッと一言。
人はほんとに良い人間になろうとして苦しみ、相手を変えようとして変えられなくて苦しんでばかり・・もうやめよう〜、、みんなそのままでいいんだ、、って思いました。

今回も、飛行機もホテル代も全て自費でボランティアで参加してくださった多くのインストラクターさんたちは、いつも参加者を暖かく見守り、時にはさりげないアドバイスをくださったり、優しく抱きしめてくださったり、ほんとに母のような大きな愛でずっとセミナー中に包んでくださったこと、、ほんとに感謝でいっぱいです。

みなさんの姿を通して、はっきりとワンネスって何かが感じられた気がします。相手と自分の境目がいつのまにかなくなり無条件の愛で全てと溶け合えること、、。ワンネスディクシャを通じてそんな意識に近づいていけている喜びが、またふくらみ心がず〜っとホコホコしっぱなしです。本当にありがとうございました。

今回上海に来てくださった皆さんの中で、特に遠い東北の岩手の方達がたくさん来てくださり感激でした。「悟りは東北からやってくる」と言われているそうですが、日本の悟りの発祥の地から喜びいっぱいのエネルギーを届けてくださってみなさんは、日本と中国のワンネスの虹の架け橋のような気がします。

奇しくも、わたしの今住んでいる場所は、上海市の虹橋地区という地名のついた日本人の多く住むところ。日本人の和のエッセンスを取り入れながら、ここ中国でもワンネスの輪(和)が広がっていく予感にワクワクです。

謝謝ケビン! 謝謝大家!(みなさん、ありがとうございました!)

▲このページの先頭へ

み〜んな繋がっていて一つなんだな〜って初めて感じられた瞬間でした

2007年9月9日 中国常熟市 ワンネスディクシャセミナー受講
W.Rさん(女性)

ケビンさんをはじめ、全国各地にお住まいのインストラクターの皆さん、上海そして常熟まで足を運んで頂き、本当にありがとうございました。感謝の気持ちで一杯です。今回は3日間セミナーに参加させて頂きました。その3日間を振り返ってみると、どの瞬間瞬間も、<一言も聞き逃せない!目が離せない!>って思う気持ちで、とにかく必死でした。あんなに何かに集中したのはここ何年もありませんでした。沢山して頂いたワークの中で、特に印象が強かったワークがありました。

数人が手を取り合って輪になりました。目を閉じケビンさんの言葉と音楽を聴きながら心を落ち着かせた瞬間、胸の奥底の方から熱いものが次から次へと込み上げてくるのを感じました。理由は分からないけれど、泣けて泣けてどうしようもありませんでした。目を開けると目にする方、目にする方がとにかく愛おしく感じられてならない、なんだか嬉しくてたまらない、ハグしたくてどうしようもない、大声で泣きながら笑っている、というような、生まれて初めての体験をしました。み〜んな繋がっていて一つなんだな〜って初めて感じられた瞬間でした。
もっともっとワンネスを感じたい、皆にも感じて貰いたいって、それからますます思うようになりました。

素晴らしい時間を過ごせました。どうもありがとうございました。

大きな愛で優しく包み込んで抱きしめてくださったケビンさん、そしてインストラクターさん達のように、いつか私も本来の私に戻っていくんだと、今ワクワクしています。
またいつの日かお会いできる日を楽しみに待っています。

▲このページの先頭へ

できる限りのことを、お手伝いしたいと思っています

2007年9月9日 中国常熟市 ワンネスディクシャセミナー受講
千種えるさん

この度は、またまた大勢で上海に来て下さり、本当にありがとうござい ました。
ケビン、スタッフの方々(準備から何から何まで、本当にお疲れ様でした)、たくさん来てくださった皆様に心からお礼を申し上げます。

2度目の来海を楽しみにしていた上海の仲間、また、はじめての常熟の方ともみんな心から喜んでくださったようで、会の成功、中国へのさらなる点火がなされた手応えを感じて、本当に嬉しいです。

今回のツアーも岩手からの参加者の方が多く、2度目の方もい らっしゃって、”これからは、日中共同作業で、中国を開けていきましょう”と言って 下さったのが心に残り、本当に有り難いお言葉でした。ユーラシア大陸の東北は上海 なのですね。

アジアの女性エンパワメントが、本格的にスタートした気がします。何回も、何回も、過去世で協力しあった、ご縁の人たちがここで、魂の 約束どうり、集まってきてプレゼンスに導かれ、みんなで手分けしながら、協力してもらいながら、着実に進んでいる感覚があり、今回は特にそれを感じて、喜びで一杯です。

今私たちが進んでる道は、壮大な計画なんですね。中国だけでなく、アジアの展開、女性のエンパワメントにむけて、絶対に必要な 日本の和のエッセンスを取り入れさせてもらいながら。

中国人女性が真からしあわせになっていったら、すごい事が起きる気がします。
ケビン、どうぞこれからもサポートをよろしくお願いします。

今後も、ここにいる限り中国人主催の会を推進し、私は、日本人との間 に入りできる限りのことを、お手伝いしたいと思っています。

どうそ、今後もよろしくお願い致します。

感謝を込めて。。。

このページの先頭へ