NPO法人JOYヒーリングの会

奇跡の水

[0] TOP


中西研二さんと“奇跡の水”

インドには「奇跡のオイル」というものがあります。 そのオイルとは、塗るだけで病気がなんでも癒えてしまう、不思議なオイル!

なんでもインド人で難病を抱えた方若い女性が、知り合いの人に“ネーマンにアンマという人がいて、そこでダルシャンを受けたら良いかもしれない”と言われ、貧乏だけどなけなしのお金をはたいて、1000km離れたアンマの元へ行ってダルシャンを受けることにしました。

帰りがけにカルキバガヴァンの元にも寄ってダルシャンを受けました。 しかし、ダルシャンを受けたが病気がいっこうによくならない。 それどころか家に帰って医者に診てもらうと余命1週間と宣告されました。

家族はその若い女性に「カルキとアンマのシュルムティ(写真の意)なんか役に立たない。捨ててしまえ!」と言ったが、“とりあえず私が死んでから捨ててくれ”ということだったので、若い女性にしたがい写真は捨てる事をやめました。

その後、親族がきて「もしかしたら、シュルムティ(写真)の前のオイルランプのオイルを塗れば良くなる」という直感が働き、その女性の体にオイルを塗ってみると、一晩中下血が続いて、翌朝にはすっかり体調が良くなりました。余命1週間と言われていたが体が、一晩で完全に復活し病気は治ってしまったのです。

そのオイルを求めて毎日一万人の人が、奇跡が起きた木曜日には5万人の人が、その小さな家にインド中から訪れるそうです。そのお陰で、小さな村には多くの露天が並び、毎日賑わっているそうです。

中西研二さんはインドのカルキの元で21日間コースを受けている時に、実際のその現場のビデオを見せてもらい、「日本でも同じ奇跡が起きるのか」とカルキに訪ねました。 カルキは「奇跡は起きますよ。しかし奇跡を起こすのは私ではない。あなただ」と言われました。

この「奇跡の水」は、中西さんが帰国後、2004年10月24日に仙台で初めて行われたワンネスディクシャの会で初めて「奇跡の水」が誕生しました。この水は日々成長します。ほんの数滴ペットボトルに入れるだけで、ペットボトル全てが「奇跡の水」に変化します。 この水のコンセプトは「喜び」です。 周りの多くの方に、この水を入れてあげて下さい。

既に、数万人を超える人が使っていて、数々の奇跡が起きています。

奇跡の水についてのお問合せは下記までお願いします

(株)いやしの村 TEL:076-277-8625
(有)いやしの村東京 TEL:03-3492-3373

→コンセプトは「喜び」

TOPページ

このページの先頭


メニュー


Copyright(c)NPO法人JOYヒーリングの会 2005-2016 All rights reserved.
[PC版]