トップページ > 連載 > わくわくケビンのここだけの話 > 2007年7月号

わくわくケビンのここだけの話
わくわくケビンのここだけの話

2007年7月号
いよいよ黄金時代の幕開けです。地球の上昇する波動とともに・・・。

NPO法人JOYヒーリングの会理事長・ヒーラー
中西研二(ケビン)

100万人がアンマ、バガヴァンになった日

皆さんに嬉しい報告があります。先月号でお伝えしたように、5月20日に行われた「世界平和の祈りのイベント」は地球の波動を大幅に上昇させたようです。

このイベントは白光真宏会が主催で富士、朝霧高原の「富士聖地」で毎年行われてきたものでしたが、今年は、インドのワンネスユニバーシティも参加して、世界中で約100万人もの人々が参加する一大イベントとなりました。日本では富士に約1万5000人が集まり、参加予定人員をはるかに上回ったようです。インドのワンネスユニバーシティでは「ワールドワンネスデー」として行われ、世界各国からのディクシャ講師450人、インド国内からはディクシャ講師が5,500人、一般参加者は入場制限したにもかかわらず、約15万人が集まったようです。その席にアンマ、バガヴァンのお二人が揃って出席され、それぞれがメッセージを伝えられました。まず、バガヴァンは、

「今日はワールドワンネスデーです。今日、人類の苦しみは終わります。人類は、人類のマインドから解放されます。人類のマインドは古いマインドです。200万年間、まったくそのままです。マインドを変容させることはできません。でも、マインドから解放されることはできます。それが、今日起こります。今日のディクシャは、新人類を誕生させます。新しい見方を持ち、新しい在り方の世界市民が地球に生きているすべての生き物をいたわります。これをするのがあなたの責任です。アンマとバガヴァンは、スペシャルディクシャを行います。それによってあなたの意識は向上し、あなたはアンマ、バガヴァンになります。いったん、アンマ、バガヴァンになったらマインドから解放されます。それからあなたが体験するのは、無条件の愛・無条件の喜び、ワンネスです」と述べられました。

続いてアンマはテルグ語で次のように発言されました。

「私があなたたちを見ると、あまりの喜びに言葉を失ってしまいます。今日は、世界中のフェスティバルです。世界の変容の始まりです。あなたたちは皆、アンマ、バガヴァンの子どもです。いろんな所で生まれていますが、今日、私たちの元へ呼び戻しました。あなたはいつも過去のことを考えます。『私の思考は正しくない。私のしたことは間違っている。アンマ、バガヴァンの恩寵が本当に私の所に来るのでしょうか。本当にアンマ、バガヴァンのようになれるのでしょうか』。あなたはこのようにいつも苦しんでいます。生きていく中での葛藤により、無邪気さ、愛と価値が失われています。私はあなたの状態をよく認識しています。今この瞬間、あなたたちをアンマ、バガヴァンとして目覚めさせます。あなた方はアンマ、バガヴァンになります。そうなれば、それからはすべての生きとし生けるものを愛することができるようになります。それから、私たちは、あなたのディクシャパワーを強化させます。あなたを通して、世界中に目覚めた人が創造されます。あなたの役目は、ディクシャを伝授して、目覚めた人を創造することです。あなたのおかげで世界中が目覚めます。今、ゴールデンエイジが始まります。アンマ、バガヴァンはあなたと共にいます。あなたの中にいます」

この日上昇した地球の波動は・・

このメッセージをインドで聞いたプーナムさんや青野聖子さんは、このディクシャの後から、すべての存在を愛しむ感情が湧いてきていると話してくださいました。

さて、この日、地球の波動がどのくらい変化するかを測定した元プリンストン大学のメンバーからは、驚異的な報告が届いています。測定結果は3.9まで上昇したとのことです。つまり3.9とは、3.9次元ということで、もう少しで4次元波動になるところだったようです。

皆さんがこの便りを読むころには、アチャリア・アーナンダギリ氏の再来日による広島カンファレンス(6月27日〜7月1日)が行われていることでしょう。人類のマインドの中核には恐れがあります。広島、長崎に落とされた原爆への恐怖心は、日本人のみならず、全世界の人々を今なお悪夢となって襲っています。その恐れからの解放が今回の目的なのです。いよいよ始まったゴールデエイジ(黄金時代)。全人類を大いなる至福感に導く日は、もうそこまでやってきました。

(合掌)

このページの先頭へ