トップページ > 連載 > わくわくケビンのここだけの話 > 2009年10月号

わくわくケビンのここだけの話
わくわくケビンのここだけの話

2009年10月号
アジアを見てきて感じた私の葛藤のない幸せ。ワンネスの世界はもうすぐそこに…

NPO法人JOYヒーリングの会理事長・ヒーラー
中西研二(ケビン)

宇宙の強い意図を込めた『夢のかなたに』大好評の秘密は

今回、(株)いやしの村から出した『夢のかなたに』というCDが凄い勢いで売れています。いやしの村はJOYヒーリングの会の皆さんに健康で安全、安心な生活への提案をする目的で作られた会社ですから、一般のCDのようには売れないのですが、発売から15日間で初版の一千枚を売り尽くしてしまいました。しかも、その後も売れ行きは落ちず、驚くほど好調に売り上げを伸ばしています。

実はこのCD、売れているにはそれなりのワケがあります。ただのCDではないのです。まさに「聞くだけで、毎日快適生活」が送れる魔法のCDなんです。

「そんなバカな」と思われる方も多くいらっしゃると思います。しかし、実際お聞きになった方々の80%を超える方が、その効果を実証してくれました。

ではなぜそんな結果が現れるのでしょうか。その秘密をお伝えしますね。

最近の量子物理学によれば、私たちが見たり、聞いたり、触ったりできるこの世界は、全て振動によって成り立っている、と言っています。振動には周波数があります。その周波数の違いによってさまざまなものを生み出しているということになります。

このことからイギリスのマナー博士は「マナーズセラピー」を開発しています。これからの医療が大きく変わる草分け的なものととらえていいと思います。

実際にこれらのセラピーの成果は著しいものがありますが、私は、日常的に、生活の中で健康維持の役割を担うものができないか、と考えました。

宇宙創造には、強い意志が働いているといわれています。だとするなら、この宇宙のキーワードは、「明確な意図を持った強い意志」ということになります。そこで強い意図を込めたCDを創ろうと思ったのです。

まず音楽が大切です。「音」という字の下に「心」を付けると「意」になりますね。だから音を楽しむ「音楽」が重要なのです。そこで、「月のテンポ」で生活することを提案し、テンポ116の音楽を次々に発表している片岡慎介先生に白羽の矢を立てました。次にCDジャケットをどんなものにするかが重要です。宇宙的広がりがあって、天使をイメージでき、遊び感覚があって、しかも飾っておきたくなるほどきれいなジャケットにするにはこの人しかいないと確信して依頼しました。いやしの村だよりの表紙を描いてくださっている柴崎るり子さんです。

この二人が快諾してくださり夢のCDの実現が大きく前進しました。問題は「明確な意図を持った強い意志」です。コンセプトは「聞くだけで、毎日快適生活」。私は、このCDの中に3つの意図を込めたのです。

  1. 銀河の調和
  2. フナブ・クの愛(創造主の愛)
  3. 4大天使の働きによるセラピー

結果は、大反響になって戻ってきました。まだお聞きになっていない方はぜひ聞いてみてください。何かが起こることを楽しみに寝ておられるといいでしょう。

 

さらにパワーアップしたアナンダギリ氏の新コース、お楽しみに…

8月にシンガポール、マレーシア、ベトナムに行ってきました。

まずシンガポールの勢いのすごさに驚かされました。シンガポールの経済成長率は世界第2位です。わずか人口400万人。淡路島程度の小国に、世界中の大金持ちがお金を預け、さらに住居まで求めて、移り住む人が後を断ちません。

噂では日本の天下りを続けて退官した人たちも移住しているようです。ここの年金制度は充実していて、10年働くと日本の1・5倍の年金が毎月支給されるというのですから随分充実した社会保障が確立しています。

しかも今、次々と高級ホテルが建設されています。海辺には、カジノも建設中で、金持ちが遊ぶには最適な所となっています。街の中はチリひとつ落ちていないほどに美しく、滞在中、蚊一匹にも蝶にも蝉にもお目にかかりませんでした。でも、どこか人間的ではなく、合理性のみが目立つ気がしました。

シンガポールのひとつの側面を知る出来事を聞きました。19歳のオーストラリアから来た青年が、麻薬を所持していて空港で捕まったのです。判決は「死刑」。それを聞いたイギリスのエリザベス女王が「命は救ってあげて欲しい」と嘆願書を出されましたが、その書類が届く前に処刑されてしまったのです。

ベトナムといえば、アメリカと戦って勝った唯一の国という印象が強いのですが、実際に行ってみるとかなり違う国になっていました。ベトナムは社会主義国家です。しかし国民生活の平等性など何一つなし、官僚と警察が幅を利かせ、共産党の幹部は徹底してリベートを取り、私財を肥やしているそうです。何の社会保障もない社会主義国家を目の当たりにして、40年以上前のベトナム戦争は何のためのものだったのか、考えさせられてしまいます。

にもかかわらず、私個人は、とても幸せです。葛藤のない幸せな人生を生きています。世界中の全ての人がそうなったら、戦争はなくなり、人々がワンネスの世界の住人になります。

インド・ワンネスユニバーシティのアナンダギリ氏による新しい、とても人生に有効に働くワークショップが10月10日〜12日まで開催されます。あなたも参加してみませんか。会場でお会いしましょう。

(合掌)

 

参考リンク:CD「夢のかなたに」(いやしの村わくわくショップ)

このページの先頭へ