トップページ > 連載 > わくわくケビンのここだけの話 > 2012年8月号

わくわくケビンのここだけの話
わくわくケビンのここだけの話

2012年8月号
いよいよ大変革期へ。覚醒するためのセミナー、イベントへ積極的に参加を…

NPO法人JOYヒーリングの会理事長・ヒーラー
中西研二(ケビン)

マヤ暦が終わり、「主観時間」の時代に…

あっという間に、今年も8月になってしまいました。年齢を重ねると、時間のスピードを早く感じてしまうのは気のせいでしょうか。どうやら、そうではなさそうです。アメリカの量子物理学者の研究によれば、若い頃の体感時間より2.44倍早く感じるという研究結果が出ています。

私たちは通常、時計が刻む時を時間だと思っています。それ以外には時間は存在しないと思い込んできました。しかし、それは機械時間に過ぎず、もうひとつ私たちは、時を持っていたのです。それが「主観的時間」なのです。『目的を持つ宇宙』(いやしの村刊)の著者カール・コルマン博士によれば2011年10月28日にマヤ暦が終わり、「主観時間に入った」と言います。これからは主観時間の時代になっていくようです。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、つらい苦しい時間は長く感じると昔から言われてきましたが、それが科学的であることが解明されてきたと言えるでしょう。

 

何が起きても不思議ではない、地球の大転換期に突入

ところで2012年は、前月号でご紹介したように、宇宙的イベントがいくつも重なった、とても重大な時を迎えています。何が起きても不思議ではない、大きな転換期に入ってきています。だからこそ、今月号の対談相手の安藤昭三先生のような飛んでる話を、事実として東京大学が証明してしまうようなことが起こってくるのです。安藤先生の言われるように、すべてを素粒子で説明できる時代が迫っているようです。

また、ニュージーランドの先住民ワイタハ族の長老デ・ポロハウ氏とお会いする機会に恵まれました(詳しい内容は9月号までお待ちください)。とても意義深い対談でした。私たち日本人には耳新しいかもしれませんが、ワイタハ族も日本人も同じ龍族なんだそうです。そしてワイタハ族が銀龍で、日本人が金龍であり、兄さんの役割なのだそうです。そしてそのルーツは、シリウス、ムー(レムリア)、エジプトにあるということでした。簡単な内容ではないので予告編に留めておきますが、ひとつ興味深かったことは、彼らの言い伝えによれば、彼らはイルカから人間になったと明言されていたことです。今でもイルカとの交流は日常的に行われているようです。

私の古いヒーリングを知っている人、見たことのある人は、私がヒーリングを始めたごく初期の頃、二頭のイルカが常にサポートしてくださっていたことをご存じでしたでしょうか。なぜイルカなのかと今日まで疑問に思っていましたが、はっきりと答えを得ることができました。デ・ポロハウ長老の先祖はイルカだった、と言っておられました。私も少なからず、イルカとのご縁を改めて感じさせていただきました。

 

さらに進化したJOYヒーリング

実は私のヒーリングが、また進化したようです。実例を挙げましょう。

Hさんの場合は、強度の緊張があるため、字を書こうとすると、どうしても手が震えて書けません。そのためアルコールを飲まないと落ち着かない状態でした。私がHさんの頭と尾骨に触ると、すべてが見えたのです。

「あなたの場合、9歳と11歳のときのトラウマがそうさせたんだね」と言ったら、「そうなんです。そのせいで、手が震えて字が書けなくなりました。でもどうして話してもいないことがわかるんですか?」とHさん。驚いたことに、ヒーリングを終えた直後から手が震えずに字が書けるようになりました。彼女は30年以上悩んでいたので、喜びもひとしおだったことでしょう。

もう一人ご紹介しましょう。その方は60代半ばの女性でした。体に不調が見つかったのです。そこでどうしたらいいか相談とともにヒーリングを受けに来られました。

例によって頭頂部と尾骨に軽く手を置きました。その後わずか1分で原因が特定できました。

「あなたは2歳半の時に、鶏肉を食べさせられました。その肉に小さい骨が刺さっていて、傷ができた。もちろん傷は回復し、その後何事もなく過ごされてきましたが、それが原因でしょう」とお伝えしたら、身に覚えがあるというのです。

「私の祖母は私のことが大好きで、遊びに行けば鳥をつぶして、ササミの部分を食べさせてくれました。そのときに付いていた小骨が原因だとはびっくりです」

 

アウェイクニングするなら見逃せないイベントが続々と

何が起きているのか、その説明は秋のインストラクター上級講座でお伝えします。一言でいえば、精神世界と量子物理学の融合ということになります。楽しみにしていてください。

また、8月25日、仙台に6名のワンネス・メディテーターが集結するだけでなく、バガヴァンのウェブダルシャンも行われるというビッグイベントがあるのは、もう当然知っていらっしゃると思いますが、参加申し込みはお済みでしょうか?定員が600名から780名に増えたので、もしかしたらキャンセル待ちができるかもしれません。

それから11月20日から始まる4週間のディープニングコースに行かれる人はラッキーです。インド側によれば、大変スペシャルなコースになるそうです。しかも12月21〜22日はワンネステンプルにて大々的な行事があり、全世界の覚醒者と共に参加できます。アウェイクニングをめざす人なら、この二つはお見逃しなく。

(合掌)

参考リンク:8月25日(土) 仙台 2012年目覚めの時!東日本大震災に対する黙祷と平和の祈り

このページの先頭へ