トップページ > 連載 > わくわくケビンのここだけの話 > 2013年1月号

わくわくケビンのここだけの話
わくわくケビンのここだけの話

2013年1月号
2013年、人類はついに新しい意識状態に入りました!

NPO法人JOYヒーリングの会理事長・ヒーラー
中西研二(ケビン)

毎月、数万人が目覚め続けています

明朝、インドに向けて旅立つ12月7日夜にこの原稿を書いています。

この『いやしの村だより』の発刊される2013年1月には、人類のより高い意識状態へのシフトが終了し、新しいワンネスの時代に向けてスタートしていることでしょう。

ふり返れば私たち人類は、絶滅の危機に瀕していました。

考えてみてください。私たちの知り得るかぎり、歴史上、戦争のなかった時代はありません。肌の色、住む地域の違い、言葉の違い、民族の違い、国の違いで争い、考え方の違いで殺し合ってきました。現代でもそれはまったく同じです。平和の名の下に行われている経済活動でも、結局は競争、競争で、相手を潰つぶすまで終わりません。しかも終わったと思った瞬間に、新たなライバルが登場してきます。

よく観察すれば、人類の営みのすべての分野でそれは行われています。学問、教育の現場で、スポーツの社会で、美術、音楽、ひいては、平和で愛を育む家庭でさえ、争い事が絶えません。これでは「人類に愛はありません」とバガヴァンが述べられたとしても、反論できる人はいないでしょう。

マインドは、常に自と他を意識し、分離していくものですから仕方ありませんが、このままでは地球が危ういところまで来ていることは明白です。

CO2汚染の問題を見ても、あれだけ環境学者が警鐘を発しているのに、CO2汚染大国のアメリカが取り組む姿勢を見ません。世界3番目の日本にいては実感が湧きませんが、貧困で苦しんでいる人たちは、世界中に年々増え続けています。私たちの住む日本も徐々に貧しくなりつつあります。

私たちの内側では、それでも、いつの日かすべての人が平和で明るく笑顔で暮らせる日が来ることを信じてきました。

しかし、その夢さえも打ち砕いたのが2011年3月11日の東日本大震災でした。大津波が東日本の沿岸各地を襲い、2万人近い死者を出しただけでなく、福島第一原発の事故は、人類の未来に大きな警鐘を鳴らしたのです。しかも1年10カ月たってもなお放射能を出し続けている上、事故処理が遅々として進んでいません。このままでは、これまで以上の大惨事を起こしかねないのです。もしそれが起きれば、人類は遠からず絶滅してしまうでしょう。それでも国会では原発再稼働を論じ、実行しようとしているのですから、2012年はやはり人類滅亡の序曲だったのだと思います。

それを予言し、人類を新しい意識のシフトに向かわせてくださったのが、アンマ・バガヴァンです。今や人類がアウェイクニング(目覚め)するために必要な7万人をクリアし、毎月のように数万人の人々が目覚め続けているようです。

もう危機は去りました! 人類は遂に新しい意識状態に入っています。

 

バガヴァンのコースは神実現にフォーカス

2013年以降はどうなるのでしょうか。

シュリ・バガヴァンは、こう言っています。
「今までのコースに加えて、新しいコースが始まります。これらのコースは、ムクタ(目覚めた人)のみが対象です」

アウェイクニング(目覚め)には100のレベルがあるそうです。

「例えて言えば、100階建てのビルのようなもの」だそうです。「あなたが1階にいても100階にいても、あなたはアウェイクニングしています」つまりアウェイクニングという100階建てのビルの1階についただけで、まだまだ旅の終わりには到達していないのです。

「69レベルでは、あなたのマインドはたくさんの中身を持って、そこにありますが、そこから影響を受けるようなことがありません。ところが70レベル以降にいくと、マインド自体がなくなります。69レベルまでは、私たちはあなたをアウェイクニングした人と呼びますが、70レベル以降はエンライトン(覚醒)した人と呼びます」

今後のコースについても、
「皆さんを50レベル以上に引き上げるものです。今、アウェイクンしている人たちのほとんどは、8レベル、15レベル、16レベル、20レベルです」

「このコースは、50レベルに引き上げるように作られています。2013年以降、コースは神実現にフォーカスされています」

とのことでした。ますます、楽しくなってきました。

 

あなたが強く思うことは、必ず実現します

昨年「iPS細胞」の山中伸弥氏が、ノーベル賞を頂いたというビックニュースがありました。何だか無限の可能性を感じられる研究でした。ところでiPS細胞は、人体の中にあるものです。それから考えると、人類はもともと無限の可能性を秘めた特別の存在だということです。科学の分野でも、人体にあるシステムを使えばあらゆることが可能になる気がします。

実は、一見かけ離れているように見える5次元ヒーリングも、まだまだ無限の可能性を感じます。なぜならこの宇宙は、体験するためにつくられた幻想空間です。あなたが強く思うことは、必ず実現します。

私は、毎日のようにヒーリングをしていますが、常識では考えられないほどの奇跡が、次から次へと起こってきます。そのうち何もしなくても全ての人が健康な喜びに満ちた人生を謳歌できる日が、目の前まで迫ってきました。

(合掌)

このページの先頭へ