トップページ > 連載 > わくわくケビンのここだけの話 > 2013年5月号

わくわくケビンのここだけの話
わくわくケビンのここだけの話

2013年5月号
人に奉仕することで至福は得られます。あなたと私は「ひとツー」です

NPO法人JOYヒーリングの会理事長・ヒーラー
中西研二(ケビン)

いよいよコミュニティー立ち上げの時

爆弾低気圧、PM2.5、放射能汚染水漏れ、さらに風疹、鳥インフルエンザ、さらにTPP参加問題、憲法改正論議など世情の話題は、けたたましく次から次へと流れてきます。マインドに流されてジャッジをしていたら、不安、心配、恐怖にとりつかれてしまいそうです。

おかげさまで、最近の私は、どの問題にも心を奪われることなく過ごしています。天文学的な隕石落下や、惑星に一斉に出ている渦巻きも、桜の便りとあまり変わらない程度の反応です。常に静かで、満ち足りた内面があります。感情も起き上がってきますが、一瞬で消え去ってしまいます。本当にありがたく、感謝してもしきれません。

ただ、人と人との争いごとには心が痛みます。身近な人々のトラブルから、北朝鮮の強行発言まで、見逃せない苦しみがやってきます。私にできることはディヴァインプレゼンス(聖なる存在)に祈ることしかありません。人類が愛に満ちる、その瞬間まで、この五体の丈夫な体で何でもさせていただこうと思っています。

私は20年前にこのヒーリング活動を始めたとき、いつの日か理想郷を現実のものとして、この世界に出現させたいと、ずっと思って活動してきました。今年5月で13周年を迎える、能登半島門前町の「喜楽楽」もその一環として、全国の仲間たちが資金を出し合って建てたものです。

昨年インドに行った際に、今後の活動としてワンネスコミュニティーの建設をしてほしいとの要請がありました。いよいよ本格的に「ワンネスコミュニティー」を立ち上げることを宣言します。このコミュニティは、実際に生活する場であり、すべての人がアウェイクニングできる施設をメインに建設していきます。もちろん、施設は徐々に形を現していきますが、どのような目的で、どのようなものにしていくかは、たたき台を作りますので、皆さんからのご意見を取り入れてやっていこうと思っています。

完成すれば、インドに行かなくても、日本のこの地でコースが受けられ、アウェイクニングができる、というものになります。ですから、大量の人が目覚めるチャンスを提供できます。いよいよ人類全体が目覚めるときが近づいてきました。ワクワクして取り組んでいきます。

それと並行して、いままでのヒーリングセミナーを学校で教えるような方向で進めようと思っています。そのカリキュラムの一環として「自然療法士養成コース」も併設しようと思っています。その中には、ハーブ、薬草の用法の習得や、温熱療法、波動療法、その他も習得できるコースを設置しようと思っています。各方面の専門家のアドバイス、ご参加をお願いして、考え得る最高の学校にしていこうと思っていますので、どうぞご意見などお寄せいただけたらありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

奇跡のヒーラー次々に誕生

去る4月6日、7日で、JOYヒーリングのティーチャー講座を初めて開催しました。この講座はインストラクター養成講座を受講した人の中で、二度開催した5次元ヒーリング講座を受講した人を対象に行われたもので、当日は、全国から精鋭46名が参加されました。ご承知のように、私のヒーリングは日々進化しています。したがって参加者は全員、今のヒーリング能力を習得できて、まさに奇跡のヒーラーとなりました。

参加者の一人、被災地のKさんからこんなメールをいただきましたのでお伝えします。

「先日はありがとうございました。なんかとっても楽しいセミナーでした。5次元ヒーリングを伝授していただき、このヒーリングの凄さを実感している毎日です。1月から仮設住宅に住む方たちに、伝授していただいた5次元ヒーリングのボランティアをして歩いているんです。(中略)そのたびになんでこんなによくなるの? と首をかしげながら毎日楽しみに待っていてくれるんです。今回ティーチャー講座を受講して帰ったら、もっとパワーアップしていますよ、とケビンが仰ってましたが、さっそく今回は、女川の方の仮設に動けないでいるにいる方たちの個別訪問をしてきました。まるでサイボーグのように表情もままならなかった方が、5次元ヒーリングが終わったときには元気になり、帰るときには外に出て、送ってくれたんです」

など、複数の人の奇跡体験が書かれてありました。

そのほかにも、次から次へと体験が寄せられています。何ともうれしい話です。聖なる存在は確かにいて、私たちの要請があれば、いつでも助けてくださるのですね。すごいことです。

これまでの人類は、実はディヴァインの導きでできたことも、すべて自分の努力の成果だと主張し、ノウハウと称して公開しませんでした。そのため、なかなか広がらなかったのです。たまにそれを広げる人が出てきても、大したものでもないのに法外な値段で、それを伝授していました。しかし、もうそんな時代は終わりました。低価格で、なるべくたくさんの人が習得でき、広めてくださる方が人類に大きな利益をもたらすことができるはずです。私は、今までも、そしてこれからも、できるだけ適正価格で受講していただけるようにしていきますので、よろしくお願いします。

私たちは人として生まれてきました。日本語ではヒトを他人とも書きます。ここに本当の秘密があります。あなたとか私とかは幻想にすぎず、本当は「ひとつ」なのです。人と人とで2、ツー。「ひとツー」ということでしょうか? いずれにせよ、他の人に奉仕することで、あなたは至福の世界に入れるのです。

(合掌)

このページの先頭へ