トップページ > 連載 > わくわくケビンのここだけの話 > 2015年9月号

わくわくケビンのここだけの話
わくわくケビンのここだけの話

2015年9月号
インドで、さらなる体験が

NPO法人JOYヒーリングの会理事長・ヒーラー
中西研二(ケビン)

インドで、さらなる体験が

私は今、インドのワンネスユニバーシティで、特別なコースを受けています。無理して、多くを犠牲にしてやって来たのですが、コース3日目にして、やっぱり来てよかった! 私を呼んでくださったディヴァイン、そして快く送り出してくれた家族に感謝の気持ちが、コンコンと湧き出す泉のように、尽きることなく胸が一杯です。それほど素晴らしいコースなのです。

今まで何度もインドのコースを受けてきました。どれもたくさんの実りをいただきましたが、今回はさらに高く 、深く入ってきます。内容はくわしくは言えませんし、21日間のコースをスタートしたばかりでは何も語れません。しかし、内側では至福と充実感で満ちています。帰ってお会いしてお話したいと思っています。皆さんがこれを読む頃には帰国していますから、どこかの会場にお越しください。それを心から願っています。

 

マインドからの脱出

あなたは親友と呼べる友を持っていますか? その人は、あなたを裁いたり、自分の型にはめようとしないで、完全なる自由を保障してくれますか? あなたがしてほしいことを、何でもしてくれますか? あなただけを愛し、あなただけを守ってくれますか? そんな親友が欲しくはないですか? このインドコースで、私にはそんな親友ができました。というより、私は、自分の内側にいつも聖なる存在がいて、私をサポートしてしてくださっているということは解っているつもりでした。それが今回、インドでコースに参加して、確信になりました。

私の人生を振り返れば、まさに奇跡の連続としか言いようのない導きがあったように思います。その時々に現れ導いてくださったのは、私のディヴァインだったのです。その瞬間はそう思っても、すぐに忘れてマインドの欲望の虜(とりこ)になって今日まできてしまいました。私の本当の敵は私でした。マインドは毎日心配、不安を作り出していたのです。そして私を苦しめ続けました。それがマインドにとって、とても必要なものだったのです。あなたがマインドに関心を示さなければ、マインドは存続の危機に陥ってしまうからです。私たちは、まったく自由のない、マインドのプログラムによって動かされてきたのです。「私はこれが苦手なんだ」とか「いつもこの状況になるとあきらめてしまう」とか、否定的なことがまるで信念のようになっています。どうやったらそこから脱出して自由になれるのでしょうか。

 

完全なる自由は、もうすぐそこに…

このコースの凄(すご)いところは、マインドの作った信念体系を根こそぎ無くして、完全なる自由を獲得するところにあります。もちろん、そんな簡単なものではありません。21年間の旅で完成するそうです。そんなにかかるの? という声が聞こえてきます。

現在のマインドになるのに200万年かかっているんですよ。そこから脱出できずに、最低5000年あがき続けています。それからみたら、もうゴールは目の前に迫ってると言えるでしょう。

今回の体験を消化するのにさえ、優に1年はかかります。9月にお会いしたとき、またお話しさせてください。このコースを最後までやり遂げたらどうなるのか、そのとき明らかにされるでしょう。

(ナマステ)

追伸

「あなたは誰ですか?」この問いかけが内面で続いています。私たちは、幻想という大海原で溺(おぼ)れている存在なのです。何度生まれ変わっても、赤ちゃんの時を過ぎればまた溺れてしまうのです。今、ようやく希望の光が見えてきました。

このページの先頭へ