トップページ > 連載 > わくわくケビンのここだけの話 > 2015年11月号

わくわくケビンのここだけの話
わくわくケビンのここだけの話

2015年11月号
毎日が奇跡の連続!

NPO法人JOYヒーリングの会理事長・ヒーラー
中西研二(ケビン)

毎日が奇跡の連続で 、楽しく全国を回らせていただいています。初めて聞く人は、何のことだかわからないというのが正直なところでしょう。しかしこれは、実際に起こったことなのです。どんな奇跡か大まかに言うと、

  1. ヒーリングで奇跡的治癒の続出
  2. アクセサリーなどの劇的変化
  3. 会場にいるだけで元気になる

の3つに分けられます。

1について言うと、ヒーリングを受けられた方々に、奇跡としか言いようのない結果が続出。ヒーリングをしている私も、次は何が起こるかワクワクしてやっているので楽しくて仕方ありません。どの会場でも毎日起きていますので、とてもとても書ききれませんが、どうぞお近くの会場に足を運んでくだされば嘘うそではないことがお分かりになるでしょう。

2のアクセサリーなどの劇的変化は、見れば必ず変化します。色が変わった、大きくなった、など枚挙に暇いとまがありません。大阪のNさんのスワロフスキーのペンダントトップが透明でブルーがかっていたのが、見た途端黄金色に変化したのには驚きました。

その後どのアクセサリーも変化し続けています。そうそう、東京事務所で起きたケースでは、個人セッションに来られたSさんのダイヤの指輪がピンクになった時は思わず「ウッソー!」と声が出てしまいました。それからミロクの渦巻き模様は3Dのように浮かび上がってきます。数々の奇跡に私自身が一番驚いています。

3については、どの会場でも毎日のように起きている奇跡で、その会場の中にいるだけで元気になる、ということです。中でも特筆すべき話をひとつ。

九州福岡会場でのことです。その日はヒーリングではなく「人生を豊かに生きる9つの法則」セミナーをしていました。遅れて一人の方が入ってきました。初めて見る方でした。会場内にいるHさんに誘われて訳も分からず来た、ということでした。後から伺ったのですが、体調が悪かったのだそうです。そのせいでしょう、暑いくらいの日だったのですが、「寒い寒い」と言ってたくさん着込んでおられました。ところがセミナーが進むにつれて、今度は「暑い暑い」と衣類を脱いでいかれました。最後の感想では、「何も分からず参加していましたが、とても体が楽になりました。ずっと咳が出ていたんですが、それも止まっています」と喜んでおられました。

そのほか、遠隔ヒーリングで今まで以上に凄い結果が現れています。後はご自身で体験してみてください。

どの会場でも毎日のように起きていることです。今私は奇跡と共にいます。もちろん、奇跡は私が起こしているのではなく、ディヴァイン(聖なる存在)です。黄金時代とはディヴァインと共に生きる時代のことです。ディヴァインはたくさんの奇跡を見せることで、新しい時代の到来を実感してもらおうとしているように思います。

私はディヴァインに使われる道具に過ぎません。内側の成長を意図して、自己観察を進めていこうと思います。外側では毎瞬毎瞬、マインドがざわめくことばかり起きてきます。そのことはなにも変わりません。しかしこちら側の意識が明らかに違ってきています。マインドとの距離を感じるようになってきました。内側の至福感が増しているように思います。百聞は一見にしかず。ぜひ会場でお会いしましょう。

(合掌)

このページの先頭へ