トップページ > 連載 > わくわくケビンのここだけの話 > 2016年10月号

わくわくケビンのここだけの話
わくわくケビンのここだけの話

2016年10月号
新しい時代の変化を恐れずに、楽しみましょう

NPO法人JOYヒーリングの会理事長・ヒーラー
中西研二(ケビン)

二ヶ所の神社参拝の先に見えたものは・・・

大阪会場の企画で、天河弁財天に行ってきました。初めてこの地を訪れたのはいつだったか定かではありませんが、かれこれ23年以上の歳月が流れていると思います。

山岳信仰の修験道が、厳しい修行の初めの地として大切に守ってきた名刹(めいさつ)。山深い天川村の大自然にすっぽりと包まれておられました。相変わらず何にも屈しない強い意志力と、優雅さと、優しさを同時に兼ね備えて、見事な舞を見ているかのような感動が内側から込み上げてきて、止めることさえできません。すると今度は故郷に帰って来たという不思議な感覚に襲われて、思考が突如止まってしまいました。次にやってきたのは安らぎと至福。大昔、この地を何度も訪ねて来たような、根拠のない懐かしさで一杯になりました。

正式参拝の後、場所をお借りして先祖解放をさせて頂いたのですが、いつになく強いエネルギーで、たくさんの参加者がふらふらになっていました。

前日は愛知県の津島神社で先祖解放でしたが、こちらは信長、秀吉、秀頼、家康が寄進してできたお社を守っておられました。この二ヶ所の先に見えたものはワンネスでした。古今東西を問わず、人は戦のない世の中を、きっと作りたかったのでしょう。時を経てようやくそれが見えてきました。私たちがまず内側から平和を築き広げていくことで、人類の悲願が達成されること、それだけが私の願いです。

今年は、台風がいくつも日本本土を直撃して、各地で被害が出ています。中でも岩手県岩泉町の被害は深刻で、道路が寸断され飲み水にも事欠いている状態です。明日はあなたの町にもそんなことが起きるかもしれません。困ったときはお互い様、できる範囲で協力してくださればありがたいです。

新しい時代がやって来ています。それに伴ってたくさんの変化が起きるでしょう。変化を恐れず、すべてを楽しんでください。

 

ワンネスビレッジ実現へ

私はいま、ワンネスビレッジを創ることに真剣に取組んでいます。インドのワンネスユニバーシティは素晴らしい所ですし、開催されるコースも最高です。行ったことがない人はぜひ行かれることをお勧めします。できればすべての日本人が行かれればいいのですが、それは現実的ではありません。やはり日本でコースが開催できたらありがたいですよね。

そのためにはキャンパスが必要になります。ワンネスユニバーシティの分校ができる場所を確保したり、宿泊施設や居住スペース、豊かな森の中に威風堂々と建つワンネステンプル、思いはどんどん膨らみますが、先立つものはお金です。本格的に作ろうと思っています。まさにお金に目が眩んでるのかもしれません。でも本気です。ディヴァインと二人三脚で走っています。私の一生の中で、こんなに真剣になったことはありません。

 

ディヴァインに感謝の毎日

ヒーリングもかなり奇跡を起こしています。ワクワクしながらやらせていただいています。夜中に遠隔ヒーリングを頼まれることもあります。結果、助かったという報告をしてくださる方もたくさんいらっしゃいます。

毎日ディヴァインに感謝して1日が始まり、1日の終わりにまた感謝して。

(合掌)

 

このページの先頭へ