トップページ > 連載 > わくわくケビンのここだけの話 > 2017年5月号

わくわくケビンのここだけの話
わくわくケビンのここだけの話

2017年5月号
全国で奇跡の報告が

NPO法人JOYヒーリングの会理事長・ヒーラー
中西研二(ケビン)

全国で奇跡の報告が

皆さんもすでにご存じのように、仙台のSさん宅のシュリ・アンマ・バガヴァンのシュリムルティから蜜があふれだしました。

しかも、今なお出続けています。実はこの御宅、3月7日から奇跡が起き続けています。シュリ・バガヴァンのご聖誕をお祝いして、バームクーヘンをお供えしたところ、3月8日の朝になって、それがかじられているのに気づきました。それがこの写真です。

さらに起きたのが蜜で、その後もイチゴをお供えしたら、またまたかじられていたのです。この奇跡について、インドの日本担当のガイド、キランジはできるだけたくさんの人とシェアしてしてほしいと言っています。

奇跡はそれにとどまらず、今度はゴールデンオーブのシュリムルティが変化し続けているのです。

当初なかった輪郭の円が内側にどんどんできて色まで変化して、まるで虹のようになったのは4月9日、10日の大阪会場でした。

その後各地から、わが家のシュリムルティも変化しているという声が続々集まってきています。

つまり、信じがたいことですが、シュリムルティは単なる写真ではなく、ディヴァインの意識が内在されているということでしょう。

ディヴァインとともに生きる黄金時代がより具体的になってきたということです。すごい時代になってきました。

これからますますたくさんの奇跡が起きそうな気配です。楽しみですね。

 

来年はもっとすごいことが起きる!

では、なぜ今になってこのような現象が起きているのでしょうか?

もちろん、これまでもたくさんの奇跡が起こっています。私が知っているだけでも枚挙にいとまがありません。

バラバラになった肉体が元通りになったムンバイの奇跡。末期ガンを消して有名になったオリッサ州の奇跡。月の中にアンマ・バガヴァンの顔が現れたボンベイの奇跡など。

私自身を通して起こしている奇跡の水や塩、あるいは見るだけで視力が良くなったり、体調が整う奇跡。

それらよりもっと広範囲にすべての人に、メッセージ性の高いものになっています。

ワンネスユニバーシティによれば、来年はものすごいことが起こるので、それを受け取れる準備を促しているということです。今年はぜひともインドに来てほしいと言っています。

それを受けて、私も8月17日から25日まで行くことにしました。

皆さんもご一緒に行きましょう。

 

7月のイベントを、お楽しみに!

7月23日に行われるヒーリング25周年記念イベントの準備も着々と進んでいます。

当日参加された方全員にプレゼントされる勾玉も出来上がって、量産体制に入りました。

神聖幾何学のトッチさんも宇宙的レプリカの完成を目指してくださっています。

そのほか、当日音楽で盛り上げてくださる出演者も出揃ってきました。

ヒーリングの会の皆さんには特に馴染みのある天才バンスリ奏者パンチャラマさんも、フルバンドで出演してくださいます。セミナーの中で皆様を魅了したミネハハさんも出演が決まりました。

さらにビッグな出演が決まりました。結成以来60年間歌い続けてこられたデュークエイセスが、大阪の柳田昭子さんのお陰で出演してくださいます。

すごいことになってきました。まだまだ特別企画が目白押しです。

ぜひぜひご参加ください。

(合掌)

参考リンク:中西研二ヒーリング活動25周年記念イベント特設サイト

このページの先頭へ