トップページ > 連載 > Dr.みうら 『こころとからだに聴いてみよう』 > 2012年2月

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』
Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

みうらクリニック院長
三浦直樹

お味噌は放射能を除去し腸内環境を整えます

散歩

あなたも味噌づくりにチャレンジ!!

毎年この季節になりますと、我が家ではお味噌の仕込みを行います。

一見、味噌作りは手間がかかりそうに思われますが、実は結構簡単に行えます。茹でた大豆をつぶし、塩と麹と混ぜるだけ。

あとは状態を見ながらかき混ぜるだけで、秋ごろには美味しい手前味噌が出来上がります。防腐剤や香料、着色料などの余分な成分を入れないので、市販のお味噌に比べ、安心・安全に食べられます。

お味噌には体内の放射能物質を除去する働きをはじめ、腸内環境を整える働きもあります。乳酸菌などの発酵菌など、さまざまなミネラルが含まれる素晴らしい伝統食材です。

こんな時期だからこそ、ご自宅で本物の味噌作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。最近では自宅用の味噌作りセットも販売されています。

三浦直樹(みうら・なおき)●1968年大阪生まれ。みうらクリニック院長。肉親のガンをきっかけに、西洋医学の限界と矛盾を強く認識し、自然療法の研究・実践を開始。以来約15年間、ヒーリング、マクロビオティック(食養法)、漢方、心理カウンセリングなど、体の中から自然治癒力を引き出す治療を行っている。病気にならない生活習慣の普及を行う一方で、『難病といわれてもあきらめない』ことをモットーに、病気を医者任せにせず患者が自らの主治医になることを指導している。現在は、大阪市・南森町にて一般内科に加え、漢方、ペインクリニック、アレルギー科、皮膚科に対応したクリニック院長を務めるかたわら、講演活動や座禅断食の指導などを全国各地で行っている。

みうらクリニック TEL:06-6135-5200/HP http://www.miura-cl.jp
「Dr.みうら監修!マクロビオティックサイト」http://www.pitareci.com

2012年3月

このページの先頭へ