トップページ > 連載 > Dr.みうら 『こころとからだに聴いてみよう』 > 2012年6月

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』
Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

みうらクリニック院長
三浦直樹

ウリ科の食材で水毒を解消!

加熱するとさらに効果的!

水毒予防に利尿効果のある食材を
加熱するとさらに効果的!

気温と湿度が上昇してくる梅雨の時期になると、水分の摂取量も増え、人によってはむくみや、だるさが出てきます。東洋医学ではこれを『水毒』と呼びますが、できるだけ早く解消したいものです。そのためには余分な水分を体の外へ出す利尿効果のある食材がお勧めです。

今からの時期では、キュウリや冬瓜などウリ科の食材がよいでしょう。特にキュウリは加熱して食べると利尿効果が高まることが知られています。あまりなじみのない食べ方かもしれませんが、炒め物やスープなどにも利用してみてください。

他に夏に取れる食材で利尿効果が高いものとして、スイカの種やトウモロコシの毛などが有名で、漢方薬としても販売されています。

三浦直樹(みうら・なおき)●1968年大阪生まれ。みうらクリニック院長。肉親のガンをきっかけに、西洋医学の限界と矛盾を強く認識し、自然療法の研究・実践を開始。以来約15年間、ヒーリング、マクロビオティック(食養法)、漢方、心理カウンセリングなど、体の中から自然治癒力を引き出す治療を行っている。病気にならない生活習慣の普及を行う一方で、『難病といわれてもあきらめない』ことをモットーに、病気を医者任せにせず患者が自らの主治医になることを指導している。現在は、大阪市・南森町にて一般内科に加え、漢方、ペインクリニック、アレルギー科、皮膚科に対応したクリニック院長を務めるかたわら、講演活動や座禅断食の指導などを全国各地で行っている。

みうらクリニック TEL:06-6135-5200/HP http://www.miura-cl.jp
「Dr.みうら監修!マクロビオティックサイト」http://www.pitareci.com

このページの先頭へ