トップページ > 連載 > Dr.みうら 『こころとからだに聴いてみよう』 > 2012年7月

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』
Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

みうらクリニック院長
三浦直樹

「苦み」が心臓の働きを助ける

心臓に負担のかかる夏!苦み食材で乗り切ろう!

心臓に負担のかかる夏!苦み食材で乗り切ろう!

東洋医学では夏は心臓に負担がかかりやすい季節とされています。その心臓の働きを助ける味は苦味とされています。

具体的な食材をあげますと、ゴーヤ、ピーマン、カブなどです。おこげなどの苦味も良いので、焼きおにぎりなども良いでしょう。

逆に心臓に負担をかけやすい食材はアルコールや白砂糖などの陰性食品、多量の香辛料や果物、動物性食品や卵類などの陽性食材の過剰摂取です。もちろん、いずれの食材も過剰摂取には注意が必要です。

陰性食品が過剰な方は梅製品や味噌など良質な塩分補給で、動物性食品など陽性食が過剰な方は大根おろしや大根サラダ、きのこ類、にんにく、しょうがなどを添えてバランスを整えられることをおすすめします。

三浦直樹(みうら・なおき)●1968年大阪生まれ。みうらクリニック院長。肉親のガンをきっかけに、西洋医学の限界と矛盾を強く認識し、自然療法の研究・実践を開始。以来約15年間、ヒーリング、マクロビオティック(食養法)、漢方、心理カウンセリングなど、体の中から自然治癒力を引き出す治療を行っている。病気にならない生活習慣の普及を行う一方で、『難病といわれてもあきらめない』ことをモットーに、病気を医者任せにせず患者が自らの主治医になることを指導している。現在は、大阪市・南森町にて一般内科に加え、漢方、ペインクリニック、アレルギー科、皮膚科に対応したクリニック院長を務めるかたわら、講演活動や座禅断食の指導などを全国各地で行っている。

みうらクリニック TEL:06-6135-5200/HP http://www.miura-cl.jp
「Dr.みうら監修!マクロビオティックサイト」http://www.pitareci.com

このページの先頭へ