トップページ > 連載 > Dr.みうら 『こころとからだに聴いてみよう』 > 2012年10月

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』
Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

みうらクリニック院長
三浦直樹

サトイモはカリウムが豊富。食養手当てにも!

油脂を溶かすので動物性食品の付け合わせにお勧め!

サトイモパワーで季節の変わり目を乗り切ろう!

秋に旬を迎えるサトイモは、芋の中では最も多くカリウムを含むことから、さまざまな食養手当てに用いられます。

そのまま食べても血糖値やコレステロールを下げる働きがあるほか、高血圧の予防や胃腸の粘膜を保護する働きもあります。

食養手当てで最もよく使われるのが里芋パスタという手当て法で、サトイモに小麦粉、生姜(しょうが)、塩を決まった分量混ぜ合わせて練り、患部に貼り付けます。効果のある疾患は、打ち身や捻挫(ねんざ)から、乳腺炎、悪性腫瘍など、多岐にわたります。

サトイモに含まれる陰性なカリウムに、毒素や炎症物質を吸い出す働きがあるのです。サトイモが旬ではない時期にも、手当て用品としてサトイモの粉末が自然食品店などで販売されていますので、手軽に利用されることをお勧めします。

 

三浦直樹(みうら・なおき)●1968年大阪生まれ。みうらクリニック院長。肉親のガンをきっかけに、西洋医学の限界と矛盾を強く認識し、自然療法の研究・実践を開始。以来約15年間、ヒーリング、マクロビオティック(食養法)、漢方、心理カウンセリングなど、体の中から自然治癒力を引き出す治療を行っている。病気にならない生活習慣の普及を行う一方で、『難病といわれてもあきらめない』ことをモットーに、病気を医者任せにせず患者が自らの主治医になることを指導している。現在は、大阪市・南森町にて一般内科に加え、漢方、ペインクリニック、アレルギー科、皮膚科に対応したクリニック院長を務めるかたわら、講演活動や座禅断食の指導などを全国各地で行っている。

みうらクリニック TEL:06-6135-5200/HP http://www.miura-cl.jp
「Dr.みうら監修!マクロビオティックサイト」http://www.pitareci.com

このページの先頭へ