トップページ > 連載 > Dr.みうら 『こころとからだに聴いてみよう』 > 2012年11月

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』
Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

みうらクリニック院長
三浦直樹

レンコンで咳対策!呼吸器系のトラブルに

粉末の市販品でも代用できます!

粉末の市販品でも代用できます!

空気が乾燥してくるこれからの季節は、肺や気管支といった呼吸器系にトラブルが多くなりがちです。加湿やうがい、鼻呼吸を意識するなどといった対策も有効ですが、症状が出てしまった場合に有効なのがレンコンを使った手当てです。

一般的にタンが少ない空咳の際にはレンコン湯を用い、分泌物の多い湿った咳の場合には市販されているレンコンの粉を使います。レンコン湯はレンコン(なるべく節の部分)の絞り汁大さじ3、しょうがの絞り汁2〜3滴、お湯または水をレンコン汁の2〜3倍にお塩を少々入れ、火にかけてひと煮立ちさせてからいただきます(グラグラには煮立たたさない)。

どうしても生のレンコンが手に入らない際には粉末の物で代用しても大丈夫です。

 

三浦直樹(みうら・なおき)●1968年大阪生まれ。みうらクリニック院長。肉親のガンをきっかけに、西洋医学の限界と矛盾を強く認識し、自然療法の研究・実践を開始。以来約15年間、ヒーリング、マクロビオティック(食養法)、漢方、心理カウンセリングなど、体の中から自然治癒力を引き出す治療を行っている。病気にならない生活習慣の普及を行う一方で、『難病といわれてもあきらめない』ことをモットーに、病気を医者任せにせず患者が自らの主治医になることを指導している。現在は、大阪市・南森町にて一般内科に加え、漢方、ペインクリニック、アレルギー科、皮膚科に対応したクリニック院長を務めるかたわら、講演活動や座禅断食の指導などを全国各地で行っている。

みうらクリニック TEL:06-6135-5200/HP http://www.miura-cl.jp
「Dr.みうら監修!マクロビオティックサイト」http://www.pitareci.com

このページの先頭へ