トップページ > 連載 > Dr.みうら 『こころとからだに聴いてみよう』 > 2012年12月

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』
Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

みうらクリニック院長
三浦直樹

今年も最終月になりました。体を温め、健康に新年を迎えましょう

粉末の市販品でも代用できます!

早いもので今年もあと1ヶ月となりました。寒さが厳しくなるこの季節は、東洋医学では腎臓を傷めやすい季節とされています。それを防ぐために大切なことは、まずは体を冷やさないことです。適度な運動で体を動かすのが基本ですが、難しい方は体力に応じて足湯や半身浴、呼吸法などを行ってください。

食事としては豆類や海藻類が良いので、海藻を入れたお味噌汁を毎日食べると良いでしょう。お味噌や良質な発酵食品も体を温める作用がありますので、ぜひ上手に利用してください。

生姜(しょうが)などの香辛料も、適量ならお勧めです。体温が1度下がると免疫力が約3割落ちるという報告もありますので、体を冷やさないような生活習慣を心がけてください。

 

三浦直樹(みうら・なおき)●1968年大阪生まれ。みうらクリニック院長。肉親のガンをきっかけに、西洋医学の限界と矛盾を強く認識し、自然療法の研究・実践を開始。以来約15年間、ヒーリング、マクロビオティック(食養法)、漢方、心理カウンセリングなど、体の中から自然治癒力を引き出す治療を行っている。病気にならない生活習慣の普及を行う一方で、『難病といわれてもあきらめない』ことをモットーに、病気を医者任せにせず患者が自らの主治医になることを指導している。現在は、大阪市・南森町にて一般内科に加え、漢方、ペインクリニック、アレルギー科、皮膚科に対応したクリニック院長を務めるかたわら、講演活動や座禅断食の指導などを全国各地で行っている。

みうらクリニック TEL:06-6135-5200/HP http://www.miura-cl.jp
「Dr.みうら監修!マクロビオティックサイト」http://www.pitareci.com

このページの先頭へ