トップページ > 連載 > Dr.みうら 『こころとからだに聴いてみよう』 > 2013年3月

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』
Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

みうらクリニック院長
三浦直樹

漢方薬にも使われるヨモギ。春のエネルギーを体に

排毒効果が高いので食べ過ぎに注意!

排毒効果が高いので食べ過ぎに注意!

3月に入りますと、地方によってはさまざまな野草が芽吹いてきます。薬効のある野草はたくさんありますが、今回はその中でもヨモギのお話です。

漢方薬にも多く使われ、ビタミン・ミネラルも豊富で、整腸作用、血液の浄化、毒素の排泄などの効果が知られています。胃腸の病気や便秘、虫下し、肝臓の病気やリウマチ、神経痛にも用いられます。

『もぐさ』として、お灸に使われることでも有名ですよね。また、食材としても、この季節の生命感あふれる野草のエネルギーをいただくことで、元気になりますので、お餅やお団子などにして食べられることをお勧めします。

ただ、食べ過ぎると、排毒効果が高い分、湿疹などが出ることがあるので注意してください。

 

三浦直樹(みうら・なおき)●1968年大阪生まれ。みうらクリニック院長。肉親のガンをきっかけに、西洋医学の限界と矛盾を強く認識し、自然療法の研究・実践を開始。以来約15年間、ヒーリング、マクロビオティック(食養法)、漢方、心理カウンセリングなど、体の中から自然治癒力を引き出す治療を行っている。病気にならない生活習慣の普及を行う一方で、『難病といわれてもあきらめない』ことをモットーに、病気を医者任せにせず患者が自らの主治医になることを指導している。現在は、大阪市・南森町にて一般内科に加え、漢方、ペインクリニック、アレルギー科、皮膚科に対応したクリニック院長を務めるかたわら、講演活動や座禅断食の指導などを全国各地で行っている。

みうらクリニック TEL:06-6135-5200/HP http://www.miura-cl.jp
「Dr.みうら監修!マクロビオティックサイト」http://www.pitareci.com

このページの先頭へ