トップページ > 連載 > Dr.みうら 『こころとからだに聴いてみよう』 > 2013年6月

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』
Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

みうらクリニック院長
三浦直樹

むくみにオススメ。小豆の粉末「ヤンノー」

お菓子作りにも使えますよ!

お菓子作りにも使えますよ!

気温がだんだん上昇してくると、水分をついつい多く取り過ぎたり、果物を過食したりして、むくみが出てくる方もおられます。

そういう時にお薦めなのが、『ヤンノー』という小豆を炒って粉末にしたもの。むくみや慢性的な膀胱炎のある方などに利用していただけます。

食材自体は自然食品として製品化されていますので、専門店などで入手可能です。

小豆自体が腎臓の手当て食として用いられますので、小豆昆布や小豆カボチャなども、むくみや高血圧、糖尿病などの手当てにも使えます。

これからの季節は、湿度が高まり水分代謝が滞りやすくなりますので、水分の過剰摂取を控えるとともに、運動や足湯・腰湯などでしっかりと汗をかくことも大切です。

 

三浦直樹(みうら・なおき)●1968年大阪生まれ。みうらクリニック院長。肉親のガンをきっかけに、西洋医学の限界と矛盾を強く認識し、自然療法の研究・実践を開始。以来約15年間、ヒーリング、マクロビオティック(食養法)、漢方、心理カウンセリングなど、体の中から自然治癒力を引き出す治療を行っている。病気にならない生活習慣の普及を行う一方で、『難病といわれてもあきらめない』ことをモットーに、病気を医者任せにせず患者が自らの主治医になることを指導している。現在は、大阪市・南森町にて一般内科に加え、漢方、ペインクリニック、アレルギー科、皮膚科に対応したクリニック院長を務めるかたわら、講演活動や座禅断食の指導などを全国各地で行っている。

みうらクリニック TEL:06-6135-5200/HP http://www.miura-cl.jp
「Dr.みうら監修!マクロビオティックサイト」http://www.pitareci.com

このページの先頭へ