トップページ > 連載 > Dr.みうら 『こころとからだに聴いてみよう』 > 2014年4月

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』
Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

みうらクリニック院長
三浦直樹

山菜を食べて排毒しよう

暖かい季節に山菜のお弁当を持ってお出かけしてみては?

暖かい季節に山菜のお弁当を持ってお出かけしてみては?

少しずつ暖かい日が増えてまいりますと、全国的に山菜や野草が芽吹いてきます。春の野草や山菜はとても生命力が強く、エネルギーに溢れています。

また、それらに含まれる苦みやエグ味は、冬の間に蓄積した余分な脂肪や老廃物を排出してくれる力もあり、新陳代謝を高めてくれます。併せて、排泄の働きもある肝臓の機能も高まりますので、その効果はさらに高まります。これらの働きを上手に利用しておかないと、余分な脂肪や老廃物が体に溜まったままとなり、体に熱がこもりやすくなってしまいます。結果として、夏の暑さに耐えにくい体質となってしまうのです。

ただし、排毒力が強いので、過剰に取り過ぎると、湿疹や花粉症などの症状が強く出ることもあるので注意してください。

 

三浦直樹(みうら・なおき)●1968年大阪生まれ。みうらクリニック院長。肉親のガンをきっかけに、西洋医学の限界と矛盾を強く認識し、自然療法の研究・実践を開始。以来約15年間、ヒーリング、マクロビオティック(食養法)、漢方、心理カウンセリングなど、体の中から自然治癒力を引き出す治療を行っている。病気にならない生活習慣の普及を行う一方で、『難病といわれてもあきらめない』ことをモットーに、病気を医者任せにせず患者が自らの主治医になることを指導している。現在は、大阪市・南森町にて一般内科に加え、漢方、ペインクリニック、アレルギー科、皮膚科に対応したクリニック院長を務めるかたわら、講演活動や座禅断食の指導などを全国各地で行っている。

みうらクリニック TEL:06-6135-5200/HP http://www.miura-cl.jp
「Dr.みうら監修!マクロビオティックサイト」http://www.pitareci.com

このページの先頭へ