トップページ > 連載 > Dr.みうら 『こころとからだに聴いてみよう』 > 2014年6月

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』
Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

みうらクリニック院長
三浦直樹

梅雨時は水毒に注意しましょう

梅雨の時期に入ると空気中の湿度が上がりますので、どうしても体内の水分代謝が悪くなりがちです。自覚症状がわかりにくい方も多いのですが、むくみや疲労感、頭痛、冷え、食欲の低下などの症状が出やすくなります。こういう症状を東洋医学では水毒と言いますが、これらが表れている症状としては次のようなものがあります。

靴下を脱いだ跡がなかなかとれない、舌に歯型がついている、目の下がむくむ(アイ・バック)、手足のむくみ、などです。

これらの症状は、いずれも体内での水分代謝の滞りです。腎臓(腰)や脚・下半身を中心に温める、汗をかく、冷たいものや甘いものを取り過ぎない、などの注意が必要ですね。

 

三浦直樹(みうら・なおき)●1968年大阪生まれ。みうらクリニック院長。肉親のガンをきっかけに、西洋医学の限界と矛盾を強く認識し、自然療法の研究・実践を開始。以来約15年間、ヒーリング、マクロビオティック(食養法)、漢方、心理カウンセリングなど、体の中から自然治癒力を引き出す治療を行っている。病気にならない生活習慣の普及を行う一方で、『難病といわれてもあきらめない』ことをモットーに、病気を医者任せにせず患者が自らの主治医になることを指導している。現在は、大阪市・南森町にて一般内科に加え、漢方、ペインクリニック、アレルギー科、皮膚科に対応したクリニック院長を務めるかたわら、講演活動や座禅断食の指導などを全国各地で行っている。

みうらクリニック TEL:06-6135-5200/HP http://www.miura-cl.jp
「Dr.みうら監修!マクロビオティックサイト」http://www.pitareci.com

このページの先頭へ