トップページ > 連載 > Dr.みうら 『こころとからだに聴いてみよう』 > 2014年9月

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』
Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

みうらクリニック院長
三浦直樹

夏の疲れをとりましょう

紅葉

この時期になりますと、夏の疲れがたまりやすくなり、体がだるい、むくむ等という方が増えてまいります。夏の間に冷たい物の過剰摂取や、クーラーを使い過ぎたりしていますと、体の中からも外からも徐々に体が冷え、代謝が悪くなって疲れが出やすくなってしまいます。秋の訪れとともに、体を温めるような生活を意識していってください。

また、汗とともに塩分やミネラル分も喪失していますので、それらを補うためにも良質な塩分やミネラルなどの補給も大切です。暦の上では8月7日が立秋となっていますが、そろそろ本格的な季節の変わり目を迎えますので、秋に向けての体つくりをしっかりしていきましょう。食事も夏の食材から、秋が旬の物へと変えていきたいですね。

 

三浦直樹(みうら・なおき)●1968年大阪生まれ。みうらクリニック院長。肉親のガンをきっかけに、西洋医学の限界と矛盾を強く認識し、自然療法の研究・実践を開始。以来約15年間、ヒーリング、マクロビオティック(食養法)、漢方、心理カウンセリングなど、体の中から自然治癒力を引き出す治療を行っている。病気にならない生活習慣の普及を行う一方で、『難病といわれてもあきらめない』ことをモットーに、病気を医者任せにせず患者が自らの主治医になることを指導している。現在は、大阪市・南森町にて一般内科に加え、漢方、ペインクリニック、アレルギー科、皮膚科に対応したクリニック院長を務めるかたわら、講演活動や座禅断食の指導などを全国各地で行っている。

みうらクリニック TEL:06-6135-5200/HP http://www.miura-cl.jp
「Dr.みうら監修!マクロビオティックサイト」http://www.pitareci.com

このページの先頭へ