トップページ > 連載 > Dr.みうら 『こころとからだに聴いてみよう』 > 2014年11月

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』
Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

Dr.三浦『こころとからだに聴いてみよう』

みうらクリニック院長
三浦直樹

座禅に挑戦!心身に万能な呼吸法

今、実は座禅断食会の最中です。2泊3日間、座禅を組みながら水だけで過ごします。

以前は喜楽楽でも行っていましたね。

断食の効用は以前にも書かせていただいているので、今回は呼吸法について。

座禅中は腹式呼吸を行うのですが、呼吸は多くの臓器の働きを司どる自律神経を整えると共に、血流の改善もします。

さらに、精神を安定させる作用もあります。

ストレスが多いと、呼吸が浅く早くなっており、身体の代謝も悪くなってしまいます。大きな病気はもちろん、肥満、高血圧、糖尿病、冷え性などの生活習慣病の改善にも有効ですので、ぜひ行ってください。

 

三浦直樹(みうら・なおき)●1968年大阪生まれ。みうらクリニック院長。肉親のガンをきっかけに、西洋医学の限界と矛盾を強く認識し、自然療法の研究・実践を開始。以来約15年間、ヒーリング、マクロビオティック(食養法)、漢方、心理カウンセリングなど、体の中から自然治癒力を引き出す治療を行っている。病気にならない生活習慣の普及を行う一方で、『難病といわれてもあきらめない』ことをモットーに、病気を医者任せにせず患者が自らの主治医になることを指導している。現在は、大阪市・南森町にて一般内科に加え、漢方、ペインクリニック、アレルギー科、皮膚科に対応したクリニック院長を務めるかたわら、講演活動や座禅断食の指導などを全国各地で行っている。

みうらクリニック TEL:06-6135-5200/HP http://www.miura-cl.jp
「Dr.みうら監修!マクロビオティックサイト」http://www.pitareci.com

このページの先頭へ