トップページ > 連載 > Dr.三浦の『今、伝えたいこと』 > 2015年2月

Dr.三浦の『今、伝えたいこと』
Dr.三浦の『今、伝えたいこと』

Dr.三浦の『今、伝えたいこと』

みうらクリニック院長
三浦直樹

咀嚼の大切さを再認識 意識して噛んでみてください

先日、杉本錬堂先生というボディーワークの達人のセミナーを3日間、受講させていただきました。その中で、再度確認させていただいたのが、咀嚼(そしゃく)の大切さ。

しっかり噛まないことが胃腸にストレスをかけ、特に小腸系にストレスがかかることにより、多くの病気が発生するというのが錬堂先生の理論でした。

これは私も同意見で、何を食べるかも大切ですが、食べ方も大切だと思います。咀嚼により、唾液の分泌をしっかりすることが、消化の第一歩です。

唾液中には消化酵素だけでなく、殺菌成分や免疫力を上げる成分もたくさん含まれており、発ガン性物質も30秒で殺菌されてしまうという報告もあります。30秒間、唾液と食物を混和しようと思うと、まずは一口30回以上の咀嚼が目安となります。

さらに、噛むことにより、頭部や首の周囲の筋肉も緩み、血流の改善や、呼吸の改善にもなります。咀嚼を意識するだけで健康になることが多くの専門家からも報告されています。お金がかからないうえに、とても効果のある健康法ですので、ぜひ意識して噛んでみてください。私はこれだけで20坩幣紊慮採未棒功しました。

 

三浦直樹(みうら・なおき)●1968年大阪生まれ。みうらクリニック院長。肉親のガンをきっかけに、西洋医学の限界と矛盾を強く認識し、自然療法の研究・実践を開始。以来約15年間、ヒーリング、マクロビオティック(食養法)、漢方、心理カウンセリングなど、体の中から自然治癒力を引き出す治療を行っている。病気にならない生活習慣の普及を行う一方で、『難病といわれてもあきらめない』ことをモットーに、病気を医者任せにせず患者が自らの主治医になることを指導している。現在は、大阪市・南森町にて一般内科に加え、漢方、ペインクリニック、アレルギー科、皮膚科に対応したクリニック院長を務めるかたわら、講演活動や座禅断食の指導などを全国各地で行っている。

みうらクリニック TEL:06-6135-5200/HP http://www.miura-cl.jp
「Dr.みうら監修!マクロビオティックサイト」http://www.pitareci.com

このページの先頭へ