トップページ > 連載 > Dr.三浦の『今、伝えたいこと』 > 2015年9月

Dr.三浦の『今、伝えたいこと』
Dr.三浦の『今、伝えたいこと』

Dr.三浦の『今、伝えたいこと』

みうらクリニック院長
三浦直樹

感情のコントロールが健康へのカギ

9月5日に、名古屋で一般社団法人『自然治癒力学校』を主催されている「おのころ心平」さんとコラボ講演会をさせていただきます。彼と私の共通認識の一つに、臓器にはいろいろな固有の感情が関わっているという事があります。東洋医学・陰陽五行説においても、肝は「怒り」、心は「喜び」、胃は「思い煩う」、肺は「悲しみ」、腎臓は「驚き・恐怖」という感情のバランスの崩れが、それぞれの臓器の不調をもたらすと考えられています。

西洋医学にはない発想ですが、やはり感情と肉体は表裏一体です。いろいろな病気の根本治癒を目指すなら、感情の問題は無視できません。感情の乱れやストレスから自律神経も乱れます。自律神経が乱れると、血圧や血糖値の乱れ、血流の悪化や消化液・ホルモン分泌の低下、臓器自体の運動機能の低下などさまざまな問題が生じてきます。あらゆる病気の背景に、自律神経の低下があると言っても過言ではありません。

したがいまして、感情のコントロールなど精神面からのアプローチと、呼吸や運動などの肉体からのアプローチをしっかり行って、自律神経を整えることが健康へのカギの一つとなります。講演会当日は、そんなお話を詳しくしてみたいと考えております。

 

三浦直樹(みうら・なおき)●1968年大阪生まれ。みうらクリニック院長。肉親のガンをきっかけに、西洋医学の限界と矛盾を強く認識し、自然療法の研究・実践を開始。以来約15年間、ヒーリング、マクロビオティック(食養法)、漢方、心理カウンセリングなど、体の中から自然治癒力を引き出す治療を行っている。病気にならない生活習慣の普及を行う一方で、『難病といわれてもあきらめない』ことをモットーに、病気を医者任せにせず患者が自らの主治医になることを指導している。現在は、大阪市・南森町にて一般内科に加え、漢方、ペインクリニック、アレルギー科、皮膚科に対応したクリニック院長を務めるかたわら、講演活動や座禅断食の指導などを全国各地で行っている。

みうらクリニック TEL:06-6135-5200/HP http://www.miura-cl.jp
「Dr.みうら監修!マクロビオティックサイト」http://www.pitareci.com

このページの先頭へ