トップページ > 連載 > Dr.三浦の『今、伝えたいこと』 > 2015年12月

Dr.三浦の『今、伝えたいこと』
Dr.三浦の『今、伝えたいこと』

Dr.三浦の『今、伝えたいこと』

みうらクリニック院長
三浦直樹

冬場のお腹の冷えに効く!お勧めの「葛いり梅醤」

落語に『葛根湯(かっこんとう)医者』という噺(はなし)があります。どんな患者さんが来ても、葛根湯を出す。挙句の果てには、付き添いに来た家族にまで葛根湯を勧めるというお話です。

うちのクリニックでも、葛根湯ではありませんが、葛をよくお勧めします。葛には体を温める作用のほか、整腸作用や血流改善効果などもあり、万能薬として使われています。

冬場のお腹の冷えにお勧めしている飲用法が、梅醤番茶のお番茶の代わりに葛湯を使う『葛いり梅醤』です。梅生番茶のエキスがあれば、それを葛湯で溶けば結構です。

梅生番茶のエキスがない場合には、葛湯に梅干し1個、生姜のしぼり汁を数滴、お醤油( 小さじ1杯程度) をお好みで入れて飲用します。食間の胃が空っぽの時に飲用するのが効果的です。

その他、葛は色んな使い方ができますので、餡かけ料理や、お子様のおやつなど、ぜひ積極的に活用して下さい。

 

三浦直樹(みうら・なおき)●1968年大阪生まれ。みうらクリニック院長。肉親のガンをきっかけに、西洋医学の限界と矛盾を強く認識し、自然療法の研究・実践を開始。以来約15年間、ヒーリング、マクロビオティック(食養法)、漢方、心理カウンセリングなど、体の中から自然治癒力を引き出す治療を行っている。病気にならない生活習慣の普及を行う一方で、『難病といわれてもあきらめない』ことをモットーに、病気を医者任せにせず患者が自らの主治医になることを指導している。現在は、大阪市・南森町にて一般内科に加え、漢方、ペインクリニック、アレルギー科、皮膚科に対応したクリニック院長を務めるかたわら、講演活動や座禅断食の指導などを全国各地で行っている。

みうらクリニック TEL:06-6135-5200/HP http://www.miura-cl.jp
「Dr.みうら監修!マクロビオティックサイト」http://www.pitareci.com

このページの先頭へ