トップページ > 特集 > 対談:岡崎公彦氏×中西研二『人類の宝、ガンの特効薬をどうしても世の中に伝えたいのです』

対談:岡崎公彦氏×中西研二『人類の宝、ガンの特効薬をどうしても世の中に伝えたいのです』

ガン難民という言葉で象徴されるように、現代医療のガン治療に絶望し、行き場を失っている人が多い。「安全で安価、副作用もない特効薬があるのに、なぜ利用されないのか」と訴える岡崎医師。根本治療を追究する中での特効薬との出会い、そして特効薬が普及しない背景などをお聞きしました。

人類の宝、ガンの特効薬をどうしても世の中に伝えたいのです

岡崎公彦氏×中西研二

岡崎公彦(おかざき・きみひこ)●1933年3月23日、大阪市生。1959年、京都大学医学部卒。1960年4月〜1981年7月、同学部、ピッツバーグ大学医学部、愛知医科大学において、大学院生、大学助手、リサーチフェロー、助教授などとして生化学的研究に従事。その間に“パン酵母における新補酵素の発見”、“白ネズミの肝再生端緒因子の発見”等の業績を挙げる。1981年8月以降、関西医科大学付属病院内科勤務。内科医員、医長、部長、副院長、院長などとしての民間病院勤務を経て1989年9月、京都市右京区にて内科開業し、現在に至る。著書に『究極の難病完治法 現代医学の盲点直撃! アレルギー疾患、リウマチ、膠原病の新治療法』(たま出版)『がんの特効薬は発見済みだ!』(たま出版)などがある。

中西研二(なかにし・けんじ)●1948年東京生まれ。NPO法人『JOYヒーリングの会』理事長。有限会社いやしの村東京代表取締役。ヒーラー。ワンネストレーナー。新聞記者、セールスマンなどさまざまな職業を遍歴の後、1993年に夢の中でヒーリングを伝授され、以来18年間で20万人を超える人々を癒し続けている。また、2004年9月にワンネスユニバーシティでワンネスディクシャという手法を学び、以来、この手法を通して、多くの人々がワンネスの体験を得る手助けをしている。著書に『そのまんまでオッケー!』『悟りってなあに?』『あなたはわたし わたしはあなた』(共にVOICE刊)がある。

アレルギー疾患も完治できる

中西 先日、先生の書かれた「がんの特効薬は発見済みだ!」(たま出版)を読みまして、非常に感銘を受けました。ガンというとほとんど不治の病のようになっていますね。体の一部を切り取って不自由な生活になったり、再発の恐怖におびえたり…。本当の意味での完治はないと思っていました。

「がんの特効薬は発見済みだ!」「究極の難病完治法」岡崎公彦著 ともに、たま出版刊
共に、たま出版刊

岡崎 確かに現代医療の場合、摘出手術か、手術が不可能ならば抗ガン剤治療か放射線治療です。いずれも肉体に大きな負担がかかります。出版しました「がんの特効薬〜」は私の発見ではありませんが、副作用もなく、初発、再発、両方のガン予防に応用でき、確実にがん患者を生還させることができる、まさに世紀の大発見と言える特効薬なのです。

中西 先生は先にリウマチやアレルギーなどの完治しにくい病気の治療法も発見されていますね。

治療を継続した患者さんの治癒率が100%という話ですが、これはすごいことですね!

岡崎 ガンの治療法のほうが先ですが、本として出したのが「究極の難病完治法」(たま出版)のほうが先だったのです。

リウマチなどの膠原病やアレルギーの治療法を発見した経緯を説明しますと、私が勤務する病院に重症の喘息患者が来院されたのです。当時の喘息治療で最も根本的な治療薬として「アストレメヂン」というのがありました。それを皮内注射したわけです。すると驚くくらい効果があったのです。

効果があっても当時はなぜ効果があったのかそのメカニズムがわからなかったのです。薬の効能書にも「アレルギーは自律神経の不均衡に起因する」という昔からの誤った概念が書かれているだけで納得できませんでした。

わからないまま3年がたち、ある日、NHKで花粉アレルギーの特集を放送していて、そこで東大医科学研究所の小島荘明教授の仮説が紹介されていました。昔からの俗説で寄生虫が体内にいる人はアレルギーになりにくいというのがありますが、その仮説では、「寄生虫保有者がアレルギーになりにくいのは、抗寄生虫抗体が肥満細胞(アレルギー症状の原因物質を出す細胞)の抗体受容体を占拠するからだ」というものでした。

これを聞いたとき、数年前、私が治療薬として用いた「アストレメヂン」がなぜ喘息に有効に働いたのかということに気づいたのです。

『出版することで世に問うた」と語る岡崎医師と
『出版することで世に問うた」と語る岡崎医師と

実はアストレメヂンが寄生虫と同じ役割をしていたのです。アストレメヂンはなんの病気をも起こさない善玉の抗原なので、その抗体がアレルギー抗体を排除していたのです。

私が発見したこの治療法は、「抗体置換法」といってもいいでしょう。

これは喘息に限らずアレルギー疾患すべてにいえることで、メカニズムが非常に酷似している膠原病にも応用ができるのです。

中西 すごいですね。先生が「根本的に完治させたい」という情熱を常にお持ちだからこそ、喘息の治療薬とNHKの情報が一瞬で合致してひらめくことができたのでしょうね。

 

ガン特効薬の正体は?

中西 ガンに関してはどのような経緯で治療法を発見されたのですか?

岡崎 母が肺ガンになり、なにかできることはないかと、代替医療を探していたのです。

そこで一冊の本に出会いまして、その中にアミグダリンという物質がガンに効果があると書かれていたのです。その発見者は医者の息子さんで、お父さんがアメリカ原住民、いわゆるインディアンの集落の近くで診療所を開いていた方なのです。診療所に来るインディアンの人たちはガン患者がほとんどいなかったので不思議に思い調べたところ、アンズの種に熱を加えて加工したものをよく食べていたそうなのです。そのアンズの種に制ガン効果があるに違いないと考えたわけですね。その考えを息子さんが引き継いで研究したらその中のアミグダリンの中のシアン基が有効成分であると結論を得たわけです。

その後母が亡くなり、しばらくそこから遠ざかっていました。何年かして毎日新聞経済部の記者だった小泉貞彦氏が書かれた「第三の制がん剤・ベンズアルデヒド」(かや書房)という本を読んで大変驚きました。有効成分はシアン基ではなく、同じアミグダリンの中のベンズアルデヒドであると書いてあったのです。

末期ガン患者65名を対象に、ベンズアルデヒドを水溶化したものをガン治療に使いその効果を調査したところ、55%という高い有効率を得たとのことでした。また副作用もまったくありませんでした。末期ガン患者でこの結果は素晴らしい効果です。

この治療法の発見者は千葉県の一条会病院の院長をされていた東風睦之(こちむつゆき)博士です。

おかざき内科の前で
おかざき内科の前で

私は先生の書かれた論文の整合性と価値をこの目でみたいと思い、2カ月という短期間ですが勤務医として参加しました。

一般的にガン病棟というのは死が身近にあるような暗い雰囲気のするところなのですが、その病棟はまったくそのようなことがなく、患者さん全員が回復を感じている明るい雰囲気のするところでした。

中西 ガン病棟というのは普通、死と向かい合ってしまう所ですよね。でも先生の本を読んで「これが実際に起きていることなんだ」と非常に感銘しました。

私たちの仲間の中でも東風先生のところで治療を続けて非常にいい状態に回復してきている患者さんがいまして、これはすごい…と、噂が広まってきています。

抗ガン剤治療というのも副作用がひどいし、ガンの宣告で絶望する人が多いじゃないですか。だけどこの治療法はまったく副作用がないわけでしょう?これはどんどん広めていかないといけないですよね。

岡崎 いまはそれほどでもありませんが、昔は特に欧米で認められたものしか受け入れられないという風潮があったんですね。たとえそれが日本で発見された新概念だとしても、いったん欧米で認められてから日本に逆輸入されるという傾向があります。また英語圏の人口が多いので、より多くの人に読まれるように英文に翻訳する作業を今しています。

中西 純粋に人を助けたいという広まりが生まれるといいですね。私たちも先生の偉業が多くの人の命を救うことを心からお祈りします。

今日はお忙しいところどうもありがとうございました。

(合掌)

「いやしの村だより」2011年8月号掲載

このページの先頭へ