トップページ > 特集 > テ・ポロハウ氏×中西研二『シリウスの記憶をたどり再び出会う』

テ・ポロハウ氏×中西研二『シリウスの記憶をたどり再び出会う』

ニュージーランドで4000年の歴史を持つというワイタハ族の長老、テ・ポロハウ氏。長い間、ヨーロッパからの入植者により沈黙を強いられてきた彼らは、今、シリウスから地球にきた記録を開示する時がきたと言います。水やイルカ、ドラゴンと共に生きてきたワイタハ族のスピリットは、私たち日本人と深く共鳴するものがあります。

シリウスの記憶をたどり再び出会う

テ・ポロハウ氏×中西研二

テ・ポロハウ・ルカ・テ・コラコ●1943年大嵐の中、ワイタハ部族の歴史にとって聖なる山Tokatoka(トカトカ)で生まれる。4歳の頃にワイタハのシャーマンになるためにシャーマンである祖父母に連れられて洞窟に行き、地中の中に埋められて3日間の儀式を受ける。幼少の頃は、祖父母より伝統を受け継ぎシャーマンとして育てられ、青年期にはカンタベリー大学へ通う。卒業後、8年間大学で生物学・科学・伝統を教授する。ワイタハ族のWananga(伝統)を教える最後のTohunga,Kahuna(トフンガ、カフナ),シャーマン(呪術師)の一人でもあり、伝統を伝える施設で、彼らの先祖の古代芸術やメディスン(薬草)、ヒーリング等の手法や思想を復興させ、それを教える。ルカ(イルカ)の種族でもあり、古くからイルカやクジラと共に共存していて、その伝統を受け継いだイルカや、クジラ、水のセレモニーやヒーリングを得意とする。そして、レムリアの頃より続くワイタハの13の暦も受け継ぎ、この暦を使って、魚をとる時期を決めたり、病気になった人を癒している。その家系はドラゴンと深く関わりがあり、古くから伝わる「マジック・ドラゴン・スクール」の最後の生徒であり、ドラゴン・ケアーテイカー(龍のお世話する人)でもある。

中西研二(なかにし・けんじ)●1948年東京生まれ。NPO法人『JOYヒーリングの会』理事長。有限会社いやしの村東京代表取締役。ヒーラー。ワンネストレーナー。新聞記者、セールスマンなどさまざまな職業を遍歴の後、1993年に夢の中でヒーリングを伝授され、以来19年間で20万人を超える人々を癒し続けている。また、2004年9月にワンネスユニバーシティでワンネスディクシャという手法を学び、以来、この手法を通して、多くの人々がワンネスの体験を得る手助けをしている。2012年2月には、日本人のワンネスメディテーター6名のうちの一人に選ばれ、以降ますます精力的に活動している。著書に『そのまんまでオッケー!』『悟りってなあに?』『あなたはわたし わたしはあなた』(共にVOICE刊)がある。

4000年の歴史を持つ種族

中西 ニュージーランドではマオリ族が有名で、日本人にワイタハ族の皆さんはあまり馴染みがありませんが、実はそのマオリ族よりもずっと古い種族とお聞きしました。

テ・ポロハウ長老(以下:長老) 私たちはニュージーランドに4000年前から住み、後からやってきたマオリ族の人々と伝統や儀式などの生活を共にしながら生きてきました。しかし、1800年代にヨーロッパからの入植者によって、伝統を伝えたり儀式を行うことを禁じられ、それから私たちは沈黙を守ってきたのです。

元々はエジプトの王家の血筋だと言われています。エジプトでペルシャ人が攻めてきたのでそこを離れ、潮の流れを利用して最終的には水に囲まれたニュージーランドに着きました。その際、フィジーの人々と一緒に来ました。フィジーの人たちは私たちを護衛してくれました。その時の記録は、パピルスに記されています。

中西 大変古い歴史がありますが、さらに古い記録ではシリウスから地球にやってきたことが記されているとか。

長老 その通りです。かつてシリウスに住んでいた我々の種族は、そこに住むことができなくなり、母船に乗ってさまざまな星に向かいました。その中にはプレアデスやオリオンのベルトになっている3つの星、それから地球などがあります。地球に辿り着いた彼らは、ドラゴン・ベルトと呼んでいるエネルギーの流れが満ちている場所を中心にピラミッドなどを建造し、そこに文明が栄え、高度なテクノロジーを発達させていきました。シリウスからやってきたのは我々だけではなく、ドイツ人やイタリア人、また日本人もそうです。特に日本人は金の龍の人々(金龍)と呼ばれ、他の種族よりも目上に当たる存在なのです。

中西 龍族というわけですね。日本の鞍馬山では650万年前に金星よりサナート・クマラが降り立ったとあります。その場所にある貴船神社の祭神は龍なのですが、金星とシリウスは何か関係があるのですか?

長老 地球に降り立ったうちの何人かはホームシックになり、母船で金星に向かったそうです。再び地球に降り立った時にはサナート・クマラという存在になっていたのです。

あなたがこのことを気にすることに、興味があります。サナート・クマラの対の存在がどこかにいるのです。あなたとハグした時に、それはあなたではないかと感じました。

 

石の時代から水の時代へ

テ・ポロハウ氏×中西研二

中西 お祖父さんの代から何度も来日されているとのことですが、同じ龍族だからですか?

長老 第二次世界大戦が始まる前から、私たちの祖先は日本の天皇家の人々とお会いするために来日しています。そして、何度かお会いすることができたそうです。神聖な龍の一員である天皇にお会いするということは、私たちにとって大きな意味があるのです。またもう一つの目的は、私たちにとってある重要なポイントを探すことでした。今回の来日でそこが山口県の般若寺であることがわかりました。

中西 それはよかったですね! 判明したことによってこれからの活動に影響がありますか?

長老 はい。今地球が大きく変化する時期なので、深い部分で我々が地球に対してどういうサポートをしたらいいかわかりました。私たちの一族は、これがわかって大変喜んでいます。

中西 大きな変化とはどういったことでしょうか。

長老 その変化の一つは、世界中の人がニュージーランドに集まるということです。それはさまざまな人種で、もちろん日本人もいるでしょう。その集会で私たちが今まで守ってきた記録を共有するのです。その時、マザーシップ(母船)が私たちの元にやってくるでしょう。過去に起きたポールシフトなどの地球の大きな変革の時には衝撃が強く、多くの人間が亡くなったり、殺されたりしてきました。今回は多くの人種が集まって意識を共有してマザーシップを呼ぶことにより、もっと変革がスムーズにいくと思います。

中西 その変革とは、覚醒とかアウェイクニング、エンライトメントと呼ばれるようなものなのでしょうか?

長老 それは、人々がアセンションと呼ぶようなものだと思います。でも、これから実際に起きるアセンションは、私たちの想像を遙かに超えたもっともっと大きな変革になると思います。

中西 その日は、マヤ暦の2012年12月21日と関係がありますか?

長老 その辺りになると思います。最近までストーンクロックという時代でしたが、今はウォータークロックという新たな時代に入りました。我々の「ワイタハ」とは「大いなる水の時代の人々」という意味がありますが、水の時代とは、太古の平和な時の記憶を取り戻す時代という意味なのです。すでにその幕は明けたので、これからたくさんの国々に水が戻ってくるでしょう。それは砂漠化されたアフリカの大地に水が蘇ってくることもあれば、各地に津波や洪水という形でくるかもしれません。

中西 水には科学的に説明しきれない現象がたくさんありますが、ワイタハ族の智慧としてそういうものはわかっているのですか?

長老 いまの科学者には理解できないかもしれませんが、私たちは水の持つ力を知っています。それはワイタハ族だけでなく、金龍であるあなたたち日本人にもわかっていると思いますよ。私たちは昔から同じものをシェアしてきたのですから。知識としてではなく、記憶の中にあるはずです。

 

イルカ族の長老

中西 ワイタハ族は、イルカとのコミュニケーションができるとお聞きしました。

長老 私の名前のテ・ポロハウ・ルカ・テ・コラコの「ルカ」は、日本語にも近いですが、イルカという意味があります。私たちは元々イルカで、人間の形態になってからもイルカと意識を合わせて生活を営んできた、イルカ族なのです。

中西 実は私はイルカに対して深い感情があって、20年前に突然ヒーリングできるようになった当初、常に2頭のイルカが私のそばにいて、ヒーリングの仕方を教えてくれていたのです。気のせいだと思いながらもイルカの言う通りにするとすべて的中して、そしていつの間にか2頭はいなくなっていました。その後もイルカとは縁があって、太平洋上でイルカのことを思っただけでその周辺のイルカがすべて集まってきて、現地の人でさえ見たことがないような現象が起きたりしました。

イルカについては信じられないことが何度もあったので、大変親近感があります。

長老 やはりあなたのオリジナルのご先祖様は、金星を経由してきた方ですね。金星というのはイルカの星でもあるのです。イルカやクジラは、私たちと遺伝的にも似通ったところがあります。だから私たちも、イルカたちと同じようにハートとハートでコミュニケーションをとることができるのです。あなたもそうでしょ? イルカのように、テレパシーでコミュニケーションができる人です。だからイルカもあなたがわかるし、あなたもイルカがわかるのです。

中西 よくわかります。長老に初めてお会いしたのに、ずっと昔から知っていたような気がしますから。

長老 そのはずです。あなたとはずっと昔からつながっています。ハグした途端、私のドラゴンがあなたのドラゴンと会話を始めたのです。それによると、あなたは私たちの種族ととても近いことがわかりました。それはドラゴンのエネルギーを使ってヒーリングができたり、イルカのテレパシーを感じることができるからです。あなたはすでにその二つの力を人々のために活用しているので、とても素晴らしい方だと思いました。

 

みんなで一つの想いを作っていく時

中西 この変革期に、日本とワイタハ族がどんな連携を組めば世界が本当の意味で幸せになれると思いますか?

長老 今度の変化はかなり大きな変化になるでしょう。皆さんが言われているアセンションがただの噂話ではなく、本当に大きな変革だとわかるでしょう。

今まで私たち先住民は政府から伝統や儀式を伝えることを禁じられてきましたが、近年になって少しずつ表に出ることができ、こうやって外国に来て、情報交換をすることができるようになりました。お互いに必要なものが何かを話し合い助け合うことができるようになったわけです。

中西 同じ記憶を持つ人々との交流は、大事なわけですね。シリウスから来た人々はほかにもたくさんいますか?

長老 マオリ族やアボリジニーなどの先住民族や、イタリア人やドイツ人など大勢います。特にドイツ人はシリウスにいたころの彼らの持っている知識や、叡智を備えていて大変日本人と似通っています。日本人とドイツ人はお互い量子学的に大変偉大な脳を持っていますが、日本人はそこにしっかりとしたスピリットが宿っているので素晴らしいのです。

中西 ではシリウスから来ていない種族もいるわけですよね。その人たちとは共存できるのですか?

長老 中には危険な種族もあります。しかしこの変革は神がデザインしたものですから、私たちが一つに向かおうと動くとき、きっと彼らも考え方を変えて同じ方向に向かってくれるでしょう。

中西 そうなったら本当に素敵ですよね。地球上にやって来た人たちが集まって、それぞれの記憶を辿ることでまた一つになっていく時代がくるのでしょうね。

長老 とても美しいメッセージをありがとう。私たちはこの地球上で一緒に働いて、一つの想いを作っていくのです。

中西 今日はお忙しい中ありがとうございました。

(合掌)

「いやしの村だより」2012年9月号掲載

このページの先頭へ