トップページ > 特集 > 対談:テ・ポロハウ氏×中西研二「いよいよ金龍が立ち上がるとき ワンネス実現は、日本人の使命」

対談:テ・ポロハウ氏×中西研二「いよいよ金龍が立ち上がるときワンネス実現は、日本人の使命」

「3年前の東日本大震災以来、私の頭が強烈なマインドに呪縛され続けていたことに気づきました。きっかけは、ニュージーランドのワイタハ族の長老にお会いして放射能の恐怖を尋ねる私に、優しく答えてくれた眼差しに出会ったときです。その瞬間、それは私の忘れかけていたものを思い出させてくれました。
私は、私の目指す『愛、喜び、自由の大調和』の世界へ、思いっきり舵を切ろうと決意しました。私を信じてついてきてくれた会員様に、心からお詫び申し上げます。ごめんなさい」 (中西研二オフィシャルブログより一部抜粋)

いよいよ金龍が立ち上がるとき
ワンネス実現は、日本人の使命

対談:テ・ポロハウ氏×中西研二

テ・ポロハウ・ルカ・テ・コラコ●1943年大嵐の中、ワイタハ部族の歴史にとって聖なる山Tokatoka(トカトカ)で生まれる。3歳の頃にワイタハのシャーマンになるためにシャーマンである祖父母に連れられて洞窟に行き、地中の中に埋められて3日間の儀式を受ける。幼少の頃は、祖父母より伝統を受け継ぎシャーマンとして育てられ、青年期にはカンタベリー大学へ通う。卒業後、8年間大学で生物学・科学・伝統を教授する。ワイタハ族のWananga(伝統)を教える最後のTohunga,Kahuna(トフンガ、カフナ),シャーマン(呪術師)の一人でもあり、伝統を伝える施設で、彼らの先祖の古代芸術やメディスン(薬草)、ヒーリング等の手法や思想を復興させ、それを教える。ルカ(イルカ)の種族でもあり、古くからイルカやクジラと共に共存していて、その伝統を受け継いだイルカや、クジラ、水のセレモニーやヒーリングを得意とする。そして、レムリアの頃より続くワイタハの13の暦も受け継ぎ、この暦を使って、魚をとる時期を決めたり、病気になった人を癒したりしている。その家系はドラゴンと深く関わりがあり、氏は古くから伝わる「マジック・ドラゴン・スクール」の最後の生徒であり、ドラゴン・ケアーテイカー(龍のお世話する人)でもある。
パラレルワールド http://www.parallel-world-healing.com/
(取材協力)
ワイタハジャパン・ブログ http://ameblo.jp/waitahajapan/

中西研二(なかにし・けんじ)●1948年東京生まれ。NPO法人『JOYヒーリングの会』理事長。有限会社いやしの村東京代表取締役。ヒーラー。ワンネスメディテーター。新聞記者、セールスマンなどさまざまな職業を遍歴の後、1993年に夢の中でヒーリングを伝授され、以来20年間で20万人を超える人々を癒し続けている。また、2004年9月にワンネスユニバーシティでワンネスディクシャという手法を学び、以来、この手法を通して、多くの人々がワンネスの体験を得る手助けをしている。2012年2月には、日本人のワンネスメディテーター6名(現在は7名)のうちの一人に選ばれ、以降ますます精力的に活動している。著書に『そのまんまでオッケー!』『悟りってなあに?』『あなたはわたし わたしはあなた』(共にVOICE刊)がある。

日本人は素晴らしい!放射能を恐れないで…

中西 お久しぶりです。前回は2012年に本誌で対談させていただいていますが、今回来られて日本に変化はみられますか?

テ・ポロハウ長老(以下長老) はい。多くの人々は以前よりフォーカスしてきて生き生きとしています。でもやはり、恐れの中で生きている人もまだまだいます。

中西 恐れの原因の一つは放射能汚染だと思います。汚染はとても深刻で、今年に入って汚染範囲はさらに加速して全国的に広がっています。

長老 日本人は、こういう形で少しずつ放射能に慣れてきているとも言えます。南太平洋にあるムルロア環礁では、1966年から30年間もフランスの核実験場になり、たくさんの放射能がニュージーランドに流れてきました。でも、部族の年長者は、あえて汚染されたミルクを飲むように勧めたのです。私たちの体の構造は変化に順応できるようになっているので、放射能を恐れる必要はありません。やがて人類は、放射能を克服するでしょう。

中西 しかし、日本では放射能がずっと漏れ出ている状態で、実際にいろいろな症状が出ていますから、すべての人に恐れるなというのは無理なのですが…。

長老 私たちには、二つの生きる道があります。一つは今世紀中に生きながら生まれ変わっていくか、もう一つはただ死に向かっていくかです。どちらの道も死に向かっていきます。楽しく感謝しながら生き死んでいくのか、不安に怯えて死ぬのかの違いです。どちらにしても、私たちは死ぬまで自分の学ぶべきことを学んでいかなければならないのです。

中西 前回のお話の中で、金龍と銀龍の種族が一つになってこの世界を切り開いていくということでしたが、何か進展はありますか。

長老 世界各国の勢いや経済は下降をたどっていますが、それぞれの国がそれぞれに一つになっていくということでは順調に進んでいます。しかし、その中で、金龍である日本人にリーダーシップを取っていただいて、地球全体が一つの方向に向かっていけるように先導してもらいたいのです。

中西 そうありたいですね。でも、日本は今、非常にたくさんの問題を抱えていて、日本人全体の活力が急激に下がっているという実情もあります。

長老 私は日本人の長老とあちこちの山を登りましたが、彼らは90歳代でも非常に元気でした。私の周りのたくさんの日本人はたいへん力強く健康的に生きていると感じます。日本人はすばらしいです!

 

ギャザリングは、自然の中で生きる知恵を後世に伝える

中西 今年はワイタハでギャザリングという大きなイベントがありますね。

長老 水の時代を迎えていますので、今年のギャザリングは水に関する集会です。50年に一回行われるものです。この50年間(1964〜2014)に、27個の原子爆弾と2つの水素爆弾のテスト、それからロシアと日本で原発事故がありました。私たちワイタハは今まで、ギャザリングを部族以外には公開していませんでした。しかし今年は、水に関する知識や知恵をもった世界的な研究者をお呼びしてお話ししていただきます。そこでは50年前に採取した水と今年採取した水を比較し、変化を調べます。それはワイタハの評議会で行います。私たち部族は、現代社会に出てきてわずか177年です。イギリス人がニュージーランドに植民地として入ってくるまでは、自然の中で生活していた先住民族です。ですから、自然の中で生きてきた私たち先住民族の使命として、自然の中に起きたいろいろな変化を調査し、分析し、統計を取り、次世代に残していきます。

中西 自然の中で生きるということが、私たちの本当の姿なのですね。しかし、世界の価値観は経済に重点がいき、「自然と共に生きる」という価値観を忘れてしまっていますね。日本も完全に世界の価値観に同調しています。もう一度世界が「自然に戻る」ように変革をもたらさなければならない中で、ワイタハの活動には本当に敬意を表します。

長老 この間、私は東北、奈良、鳥取、九州などを歩いてきました。そこには神々が私たちに残してくれた場所がいたるところにありました。私たちが戻っていける場所でもあります。私はそのような場所が大好きです。私が滞在している西明石のビーチで火のセレモニーをしましたが、太陽が沈み、月が昇ってくる時刻に、焚た いた火の上にコウモリが飛んでいました。あそこはまさしく神のいる場所です。

中西 長老は、自然と共に自然と一体となった生き方をされているのですね。

長老 いつも自然を探しています。大都会の中にも森があり、そこに野鳥が棲み、アスファルトの道路に虫が歩いていたりします。昨日は日光の東照宮を訪ね、近くに宿泊しました。夜、枕元に虫が現れ、「東照宮を訪ねるには、今日はとてもいい日でしたよ」と教えてくれたのです。その日、東照宮の屋根の上に龍がはっきり見えました。  

中西 誰にでもドラゴンはついているのですか。

長老 ドラゴン族であれば、だれにでもドラゴンはついています。それは日本人だけではありません。ですが、日本人のドラゴンは世界中で一番年長である金龍ですから、目下にあたる私たちドラゴンから物事を頼んだり、指図したりすることはできません。

しかし戦後、マッカーサー元帥が日本に来て連合軍が日本を占領して以来、日本のドラゴン(金龍)は沈黙してしまいました。ですから私たちは、ワンネスのためにどう行動したらいいのか、金龍が指図してくれるのをずっと待っているのです。

 

現代の高度な科学技術社会は、レムリア時代の遺伝子が作り上げた

中西 私も「ワンネス──世界が一つになっていく」という活動を通して、人間だけでなく自然界の生きとし生けるものすべてが、喜び合って生きていることを謳歌できる世界を作りたいと活動しています。ですから、ワイタハの方々の活動と連携できたらいいと思っています。


長老の杖。ワイタハ族に代々伝わる

長老 私たちは年長にあたる日本の人々が発言し、行動を起こすことをずっと待っていました。日本の人々がどういう道をたどって、どうワンネスに向かっていくのか、そのことを知りたいのです。

その昔、レムリアのころに、完璧な世界がありました。その世界が崩壊していくときにマザーシップ(母船)がやってきて、そこにいる一部の人を引き上げていきました。それは、その人々の遺伝子を保持するためでした。現在、ワイタハの長老たちは、日本とドイツのエンジニア、数学者、コンピューター関連の仕事をする人々などをブレーンピープルと呼んでいます。現在の地球上の繁栄は、レムリア時代の遺伝子を持った彼らが復活して成し遂げたものです。その人々が地球をどの方向に導いていこうとしているのかを、ワイタハやドラゴン族の人々は見守っています。

ワイタハのご先祖さまが残してくれたある洞窟の中に非常に古い物体(マシン)があります。その昔、それに乗ってやってきた人たちは、物体がバラバラになって壊れてしまってその中で死んだ人もいれば、助かった人もいます。仮に「人」と呼んでいますが、彼らの姿は人の形ではありません。

その物体は高さが4メートルもある巨大なもので、強烈なエネルギーを放射しているので、私はマザーシップ(母船)ではないかと考えています。たくさんの洞窟があり、それぞれにさまざまな情報が込められています。時代が変化するときに何が起きるのかということも記されています。それらはすべて人々の記憶として伝承され、また、洞窟に絵や言葉を描くことで記録されています。

 

いよいよ日本からワンネスへ向かうとき

中西 前回のお話では、ワイタハはシリウスから来たということでした。

だからドラゴン族と交流があるのですね。

長老 はい。私たちはドラゴン族との交流をドラゴンサークル、あるいはドラゴンの輪と呼んでいます。その輪を通してドラゴン族と交流してきました。

中西 日本列島全体が世界のひな形と言われています。九州はアフリカ、本州はユーラシア大陸、北海道はアメリカ、四国はオーストラリア、そして淡路島はニュージーランドです。

長老 知っています。ですから、私たちはその昔、カヌーを北に漕いで淡路島に向かいました。

中西 それから、世界の中心と言われているのが長野県の松代にある皆神山です。その山はほかの山脈から独立した山で、上空から赤外線写真で撮影すると地中深くに十字形をした大きな空洞があります。

長老 その十字の空洞は人工的なものですか?


長老によって描かれた皆神山と同じ意味が込められた洞窟内の図。

中西 まだ解明されていないのですが、古代人によって作られた世界最大のピラミッドではないかと言われています。中腹の天岩戸(あまのいわと)神社にあるかごめ紋には伝説があって、かごの中に閉じ込められている鳥は神の使いであり、平和と自由の象徴とされています。

この鳥が解き放たれて飛び立ったときに平和が来ると信じられています。

長老 ワイタハの洞窟に描かれている絵も皆神山と同じ形をしています。

この絵には言葉が添えられていて、今あなたが説明されたことと同じ意味のことが描かれています。

中西 それはすごいことですね。この皆神山の金龍がいよいよ立ち上がると言われています。かごの中の鳥が解き放たれるときが来たようです。

今日は本当に深いお話をありがとうございました。ぜひ交流を深めさせてください。(合掌)

 

参考リンク:2012年対談 テ・ポロハウ氏×中西研二『シリウスの記憶をたどり再び出会う』

 

ニュージーランド・ワイタハのギャザリングに参加するツアーを予定!

2014年10月14日〜22日(予定)
Waitaha Watar Gatharing叡智・科学・聖なる記録詳細は「いやしの村だより8月号」の折込みチラシをご覧ください

 

「いやしの村だより」2014年7月号掲載

このページの先頭へ