トップページ > 特集 > 対談:廣澤英雄氏×中西研二『勝った、負けたの欲をなくすと心の中心が「無」になる』

対談:廣澤英雄氏×中西研二『勝った、負けたの欲をなくすと心の中心が「無」になる』

投げ飛ばされても笑ってしまう合気道があるといやしの村で噂になり、ついに師範にお会いすることができました。そして念願(?)の投げられる経験もできました。廣澤先生曰く「全然痛くありませんよ。みんな投げられたくて寄ってくるんだから」の言葉を身をもって体験したスタッフ一同。真の調和の瞬間を体験できた気がします。

勝った、負けたの欲をなくすと心の中心が「無」になる

対談:廣澤英雄氏×中西研二

廣澤英雄(ひろさわ・ひでお)●1937年茨城県に生まれる。1958年に合気道「龍ヶ崎道場」に入門。1961年から68年までの約7年間、開祖・植芝盛平師の弟子。1994年に7段を取得。2006年イタリアに招待され合気道の模範演技を披露し指導。現在、公益財団合気会廣澤塾(岩間)師範。他に大学や道場、カルチャースクール、クラブなどで合気道を指導。

 

対談内容につきましては、会報誌「いやしの村だより」2014年10月号をご覧ください

 

 

このページの先頭へ